zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

「変な人に好かれる」と言う人は自分も変人だということに気づいていない

誰のこと?

です(笑)

いや、みんなそうよね。

”自分はいたってフツーの人間”

って思ってても

たいていどっか変わってるもんよ。

てなわけで今日はこれ!

『マダムと
 奇人と殺人と』
2004

"MADAME EDOUARD"

 ミシェル・ブラン, ディディエ・ブルドン, オリヴィエ・ブロッシュ

 

ベルギーのとある町で

連続殺人事件が起きて…

ってお話なんだけど…

ストーリー云々は

さておき

登場人物

全員変わってる

 

編み物好きレオン警視(主人公)

懸賞マニア警視のママ

触ったものをみんなぶっ壊す部下

奇抜なセンス受付嬢

解剖しながら一杯やる検死官

娘がいるオカマ

死体を愛しちゃった墓守

アーティスト気取りコック

エトセトラエトセトラ。

レストランの名前もケッサク!

”突然死”です、”突然死”

しゃべるし(笑)

 

とにかく

ブラックユーモア

随所にちりばめられてて、

とってもスパイシー

音楽のセンスもかなりいい。

いやー思わぬ掘り出し物でした。

変わったのが好きな方にはオススメ。

 

で、調べたらこの映画、

原作本があるらしいことがわかった。

フランスじゃ

”レオン警視シリーズ”って

有名なんだそうな。

原作者

ナディーヌ・モンフィスが、

自らメガホンを取ったんだって。

読みたくなって探したけどなかった…

海外経由なら手に入るだろうけど、

フランス語わからんものね…

ちぇーっ。

 

あーでも

後ひくおもしろさだった。

あんな映画、

もっと観たいなぁ。