zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・おしゃれ・本・レトロなもの・昭和・大正・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・手作りアクセサリー・消しゴムはんこなどなど…興味のあるものだけをザックザックと掘り下げようと思います!

赤毛のアンとセーラ〜プリンスエドワード島からの招待状

赤毛のアン1985年

"Anne of Green Gables"

『続・赤毛のアン/アンの青春』1987年

"Anne of Green Gables: The Sequel"

ミーガン・フォローズ、コリーン・デュハースト、ジョナサン・クロンビー

言わずと知れた

赤毛のアンを最高の形で

具現化してフィルムに収めた作品。

今も根強いファンがいるらしいです。

小径、

林、

湖、

そして切妻屋根の家…

カナダ・プリンスエドワード島

景色の美しさと

キャラクターたちの

いきいきとした演技があいまって、

観終わると

いつも胸がいっぱいになってしまう。

無口だけど優しいマシューに、

気難しいけど面倒見のいいマリラ

カスバート兄妹

二人はほんとうは

家の仕事を手伝うための男の子がほしかった。

手違いでアンが来てしまったんだけど、

空想好きでおしゃべりなアンが加わったことで、

二人の寂しい生活がパッと明るくなるんだよね。

マシューアンに言うんです。

「女の子でよかった。

  おまえは自慢の娘だ」

身寄りのない少女だったアンにとって

この言葉はどんなにうれしかったことだろう。

本当の家族って、

こういうことなんだろうな。

血が繋がってなくたって、いいんだ。

 

「明日はつねに新しい日。

     失敗のない、ね!」

これはアンの先生の言葉。

いい言葉だなぁ。

文句ばっかり言って、

悲観ばっかりしててもしょうがないもんね。

胸を張って、

 アンみたいに

  笑顔で前向きに生きよう!

って素直に思える映画です。

 

この映画は吹き替えの方が好きなんだよね。

鶴ひろみ*1さん演じるアンが情感豊かで。

あとマシュー永井一郎*2さん、

マリラ麻生美代子*3さんで完全にらんま1/2ファミリー(笑)

 

【おまけ】

アメリカのドラマ

『救命医ハンク』”Royal Pains”

大富豪ボリス役の

キャンベル・スコット

マリラ役のコリーン・デュハースト息子です。

目元が似てるね(笑)

■□■□■□■

プリンスエドワード島つながりで

こんなドラマもあります。

アボンリーへの道

”Road to Avonlea”

サラ・ポーリージャッキー・バロウズマグ・ラフマン

 

20世紀初めのカナダ

何不自由ない生活を送る

お嬢様セーラ

仕事のトラブルに巻き込まれた父親と別れ、

プリンスエドワード島のアボンリーに住む

母方の伯母達に引き取られることに…

というストーリー。

昔からこのドラマの存在は知ってたけど、

映像の古さや田舎が舞台だということもあって

なんだか敬遠していたんです。

だけど試しに、

軽い気持ちで、

ほんのスナック感覚で観てみたら…

これがおもしろいのなんのって!

明るいセーラ

頑固なヘティおばさん

優しいリビア

生意気な従姉フェリシティ

いたずら小僧フェリックス

すっかり個性豊かな登場人物のとりこに。

 

この作品の原作者も実は赤毛のアンと同じ。

それこそ赤毛のアンの映画に出てきた

ダイアナのお父さん

用品店のお姉さんが出てきて、

人見知りな私(笑)でも安心して観られました。

マリラ

リンドおばさんなんて

まんま同じ役で登場!

粋な計らい!

うれしくなるねぇ♪

いつか行ってみたいな、

プリンスエドワード島