zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

不安になるくらいなら映画でも観ようぜ!~薬飲むより映画にしましょ~

悲しい…

悩みがある…

不安でたまらない…

怒りが

なかなか抑えられない…

そんなとき、私は

映画やドラマを観るようにしている。

だって考えてもどうせ

ネガティヴになってとことん落ちるだけ

それなら楽しいことをした方が

精神衛生上いいに決まってる。

 

ちなみにそういうときは

正統派から

ちょっと外れたものを選ぶのがミソ。

今日はそんな映画をご紹介します。

 

■□■□■□■

 

『サンキュー・
    スモーキング』

”Thank You for Smoking”

アーロン・エッカート, マリア・ベロ, キャメロン・ブライト

【あらすじ】Wikipediaより

 ニックは、タバコ業界によって設立された

 タバコ研究所の広報部長を務めており、

 喫煙者たちの権利を守るために、

 またタバコと健康悪化とに因果関係がないことを

 世間に信じさせるために、日々奮闘していた。

 彼は、巧みな話術で人々を丸め込むことから、

 「情報操作の王」とさえ呼ばれていた。

 

 

つまりニック

タバコ業界お抱えの

ロビイスト

同じく

お抱えロビイスト

ポリー

(アルコール業界"適度な飲酒の会")

ボビー

(銃製造業界"銃の普及と青少年向け訓練の会")

”モッズ特捜隊”

(死の商人"Merchant of Death"の頭文字から)

を結成。

毎週集まっては

業界のグチを言い合っています。

 ニック「君らアルコール業界の人間は、
     まだ誘拐される心配はないと思うけど」

 (始まったぞという顔のボビー)

 ポリー「何ですって?」

 ニック「だって…悪くとらないでほしいけど
     タバコの方が熱い議論を呼んでるだろ?
     アルコールよりも」

 ポリー「それは初耳」

 ニック「タバコは年に47万5000人も死んでる」

 ポリー「ええ、47万5000人が公式な数字ならね!」

 ニック「あ~わかった、43万5000!
     でも一日1500人!
     アルコールは何人死んでる?
     年に20万?
     多くて一日当たり言うと…270人?
     うわぁ…270人か~悲劇だぁ~!
     悪いけどはっきり言ってテロリスト達は
     アルコール業界の人間を
     さらう気ないと思うよ」

 ポリー「ちょっと!ずるい~!!」

 ニック「銃の年間死亡者は?アメリカの」

 ボビー「1万1000」

 ニック「1万1000!?冗談だろ!
     一日30人?交通事故より少ないじゃないか。
     君らテロリストには狙われないよ」

 (沈黙。顔を見合わせる三人)

 ニック「…だな。馬鹿げてる

 ポリー「ほんと」

この会話…

死者数を競うなんて…

ブラックすぎ!!!

 

この映画の特徴は”主人公による語り”

効果的な手法として使われている点。

「35年間生きてきて、

 俺が学んだことはただ一つ。

 人生は、不公平だってことだ」

とかいうあれね。

そして”テロップを効果的に使っている”点も気に入った。

画面に矢印コメントが書き込まれるんだけど、

これがいちいちツボにハマる。

何よりキャストが

おしゃべりなアダム・ブロディ

眠らない男ロブ・ロウなど

みんなアクの強いキャラ

であきさせない。

とにかく

テンポ

ユーモア

インパク

の三拍子揃った

傑作です!!

 

■□■□■□■

 

『キスキス, バンバン
   L.A. 的殺人事件』

”Kiss Kiss, Bang Bang”

ロバート・ダウニー・Jr. , ヴァル・キルマー, ミシェル・モナハン

2000年のイギリス産じゃなくて2005年のアメリカ産の方です

 

泥棒稼業の男

警察から逃げるために

オーディション会場

潜り込んでなんと合格

それじゃあってんで

今度は俳優になるために

LAへ渡って、

そこで修行として

ゲイの探偵助手をやることに。

そこへ

死体

殺し屋

なんかが入り乱れて、

てんやわんや!って映画です。

これね、オープニングがいいの!

影絵のアニメーションで、すごくおしゃれ。

 

この映画でも

”主人公による語り”

”テロップ”を使ってます。

こっちはより

観客を意識しすぎたものだったけど、

それもまた新鮮でよかった。

どうでもいいけどこの映画、

ラストで

リンカーン大統領プレスリー

出てきてズッコけました。

おふざけがすぎるやろ!

…笑ったけど。

こんなノリでよかったら、

ぜひ観ていただきたい一本です。

 

▼買ったもの載せてます!

20190704215258

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com