zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…

こんな映画を観た~昨日とは違う自分になれる時~

『素敵な
 人生のはじめ方』

"10 ITEMS OR LESS"

モーガン・フリーマン, パス・ペガ, ボビー・カナヴェイル

 

ひとことで言うと、

老いた映画俳優

レジ係の

若いスペイン女性のお話。

素敵な人生のはじめ方 [DVD]

素敵な人生のはじめ方 [DVD]

 

なにしろこの邦題。

私は映画の原題に

ありもしない

”幸せ”とか”素敵”

とかいう

女子受けワード

ぶっ込むやり方に

もやもやしたものを

感じるんですよね…

これもモーガン・フリーマン

主演じゃなかったら

ゼッタイ手に取ってない。

あまのじゃくですみませんねぇ…

いや、しかしですよ!

これがあなた、とんだ食わせもの!!

観てみたら

しみじみいい映画だったんです。

 

聖なる力で地球を救うわけじゃない。

豪快なアクションがあるわけじゃない。

美しい永遠の愛を描いてるわけじゃない。

だけど、いい!!

モーガン・フリーマンの演技って、

あったかいんだよね…

暖炉みたいな、毛布みたいな、

ぬくぬくのあたたかさ。

なんだかほっとする。

この映画のおじいちゃん

ホント好奇心旺盛なんです。

スーパーの副店長

くっついてマネっこしたり、

女の子の行きつけの日用品店

服の安さに感激したり、

ガソリンスタンドで

クルーのおじちゃんたちと

ダンスしながら洗車したり。

なんか子どもみたい!

でも観てて、

見習いたいなって思ったんだよなぁ。

人生を楽しむって

こういうことなんだなって。

観たあとの晴れやかさ!

やっぱり映画っていうのは

こうでなくっちゃね!!

 

■□■□■□■

 

そして意外や意外。

これ、

エンドロールも

きちんと

観なきゃいけない映画

でした(笑)

あとで調べたら、

プロデューサーにモーガンの名前があった。

モーガンおじいちゃん、最高!!

たいへんけっこうなお手前でした!!

 

好きなものを10個、

嫌いなものを10個、

挙げてみたくなる

映画です。

zuzz.hatenablog.com