zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・おしゃれ・本・レトロなもの・昭和・大正・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・手作りアクセサリー・消しゴムはんこなどなど…興味のあるものだけをザックザックと掘り下げようと思います!

出会いと別れを繰り返す意味~トムとサマーが教えてくれたこと~

昨日のジョゼフ・ゴードン=レヴィットつながりで… 

zuzz.hatenablog.com

(500)日のサマー

"500 Days Of Summer"

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット, ゾーイ・デシャネル, ミンカ・ケリー

ひとことで言うと

トムサマー

500日間を描いた物語。

 

ゾーイの代表作といえば

だいたい真っ先に挙げられるこの作品。

ただ私はこの映画って

ハッピーというよりせつないから

昔 借りたとき

「あんまり何回も観るような作品じゃないな」

って正直思ったのね。

でもありきたりなハッピーエンド

にしなかったところが

なんか気に入ったんだ。

だって例えば

いま自分のとなりにいる人が

この先ずっと

一緒にいてくれる人かなんて

わかりっこないもんね。

気持ちが変わったり、

仲たがいしたり、

タイミングが合わなかったり、

思いもよらない邪魔が入ることもある。

でもたとえ

別れたとしても

その人が自分のところに

やってきたのは

必ず何か意味が

あるからだと思うんだ。

出会いと別れの繰り返しの中で

傷つけたり、癒されたり、

気づかされたり、学んだり。

良くも悪くも人は

出会いによって変わっていく。

 

”運命の相手”ってよく言うけど

それは

今となりにいる人かもしれないし

次に出会う人かもしれないし

すでに会った人かもしれない。

それは誰にもわからない。

でも

かっこ悪くてもいいから

ありのままの自分で

一つひとつの(恋愛に限らず)

大事にしていけば

その人につながる”いつか”も

近くなるような気がする。

トムがそうだったように。

 

とにかく恋愛映画もいいけどさ、

恋をしたくば表に出ろ!!!だ。

そもそも

外に出ないと

出会いなんてないもんね!

 

えらそうに言ってるけど

私も表に出ないとな…

 

▼私のいちおしシーン。

Daryl Hall & John Oates

"You Make My Dreams"

いいことがあったときの

この主人公感!全能感!

すべてのものが

好意的に見えるよね(笑)

サントラを買うきっかけになったごきげんな曲です。

▼逆バージョン(笑)

これもかわいい。

ほんと大好きこのコンビ。

She & Him

"Why Do You Let Me Stay Here?"

▼二人のデュエットはこちらでどうぞ!

zuzz.hatenablog.com

iTunes版サントラ(こっちはボーナストラック付き)

(500) Days of Summer (Music from the Motion Picture) [Bonus Track Version]

(500) Days of Summer (Music from the Motion Picture) [Bonus Track Version]

  • Various Artists
  • サウンドトラック
  • ¥1900

Amazon版サントラ

500 Days of Summer

500 Days of Summer