zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

ハロウィン映画推薦作品~吸血鬼×シェアハウス!?~

おかしなおかしな共同生活!

『シェアハウス・

     ウィズ・ヴァンパイア』2014

"WHAT WE DO
 IN THE SHADOWS"

ジェマイン・クレメント, タイカ・ワイティティ, ジョナサン・ブラフ

棺から起き上がり

取材班に笑顔を見せる吸血鬼。

そして”ヴィアゴ 379歳”の字幕。

このオープニングだけで

おもしろいと確信した。

 

穏やかなまとめ役
ヴィアゴ(379)

サディストで気位の高い
ヴラド(862)

手芸好きの暴れん坊
ディーコン(183)

そして

後期高齢者
ピーター(8000)

個性豊かな面々の

奇妙な共同生活を追った

ニュージーランド

モキュメンタリー*1映画です。

 

ハチャメチャだけど

なんとかなっていたヴィアゴたち。

なのに現代っ子

新人吸血鬼ニック

次から次へとトラブルを引き起こします。

そして

ニックの親友スチュー登場で

大変なことに…

 

耽美さなし!

とにかくシュールな笑い

いたるところに

散りばめられてます。

夜の街に繰り出すも

吸血鬼は招待されないと建物に入れないから

クラブの前でガードマンと押し問答になったり。

ケンカの最中に警察が屋敷に踏み込んできて

慌てて催眠術をかけたり。

宿敵である狼男たちとの確執も

他校の中高生とのケンカみたいだったり。

 ディーコン「狼男の臭いがする」

 ヴラド「狼男達だ。もめるかもしれない」

 ディーコン「(すれ違いざまに)気をつけろ。
       ノミをうつされるなよ」

 狼男1「何だと!?」

 ヴラド「(みんなを促しながら)歩け歩け」

 狼男1「しっかり聞こえたぞ」

 狼男4「(取材班を見て)
     お前達MVの撮影でもしてんのか?」

 ヴラド「面倒は困る」

 ディーコン「俺の言葉が気に障ったか?あ?
       自分の股の臭いでも嗅いでろ」

 狼男4「何言ってる。
     俺達は挨拶としてお互いの股を嗅いでるんだ」

 吐きそうな顔をするヴィアゴ

 狼男4「やめとけ。撮られてるんだぞ」

 狼男3「相手にすんな、こんな吸血ゲイ」

 爆笑する狼男達

 狼男4「おいおいおい、口を慎め」

 狼男3「悪い」

 狼男4「俺達は狼男だろ。俺達は?」

 狼男達「悪態は禁止」

そこで緊迫したムードは収まるかにみえたのに、

ディーコン

「枝でも拾ってきな!」

とまた狼男をからかったり

ヴィアゴが手袋で

狼男の頬をはたいたり*2して

またひと悶着あるのでした(笑)

 

ほかにも永遠の命を餌に

召使いにされている女の人

ゾンビバンシーも出てくるよ。

 

でもこの映画をひとことで言うと

みんな大好き

スチュー!!!!です(笑)

 

今度は狼男サイドの

スピンオフ作品の話が

挙がっているらしい…

ぜひとも観たいものです…!!

 

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

 

*1:なんちゃってドキュメンタリーの意。

*2:古来より伝わる決闘の合図ですね