zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

子供たちの闘い~どんな形でも家族!~

またNetflixでみつけてしまいました…

『家族に乾杯』2016

 "C'est Quoi cette Famille?!"

ジュリー・ガイエ, ニノ・キルタゼ, ジュリー・ドパルデュ

 

フィリップソフィー

間に生まれたバスティア

がのっけからフランスにおける

夫婦の離婚率・再婚率

語り出すのは訳がある。

バスティアには

異父母の兄弟妹4人

これまた同じ境遇の

従姉妹2人いるからだ。

1.ソフィー+フィリップ
 =
息子バスティア

↓ 離婚

2.ソフィー+クロード
 =
クララ

↓ 離婚

3.ソフィー+ユーゴー
 =
息子ギュリヴェール(最年少)

 

フィリップには先妻がいて

4.マドレーヌ+フィリップ
 =
息子オスカー(最年長)

ユーゴーにも先妻がいて

5.バベット+ユーゴー
 =
息子エリオット

 

ソフィーの妹アニエス(バスティアの叔母)も複雑で

6.アニエス+ポール
 =
レオ

↓ 離婚

7.アニエス+死亡
 =
ジュリエット

 

週に何度も男女8人の保護者のもとで

行き来する子供たち。

相変わらず両親のケンカに振り回され、

心安らぐヒマもない。

そんな毎日にうんざりしたバスティア

ある日従姉のひとことから名案を思いつく。

子供たちだけで

ひとつの家に住めばいい。

そこへ親たち代わる代わる

泊まっていけばいい、と。

そこで亡くなった祖母の広い家

みんなで陣取り、

「家族だから一緒にいなきゃ。

 僕ら7人で毎日一緒に過ごすんだ。

 ”家族は社会の幹細胞” レヴィ・ストロース*1 

と引用までして親たち相手に

声明を出すのでした。

さすが自由と革命の国フランスの男!

バスティアン…

かっこいいぜ!

  

最年長でもないのに

みんなのまとめ役バスティア

こんな家庭環境だから、

永遠の愛を信じないバスティア

恋愛観は達観している。

親の離婚で転校してきたアリス

声をかけてきても

「同じ境遇の二人は

 急接近するけどすぐ倦怠期になる」

と持論を展開してつっぱねちゃう。

そんな従姉妹

「あの子は愛やカップルを拒絶してる」

「恋してるのに認めたくないのよ」

 と心配げ。

子供たちの会話もさすが”愛の国”だなぁ…

だからこんなくっついたり

離れたりするんだろうな。

 

とにかくひとつ言えるのは

両親そろってるとかいないとか

血が繋がってるとかいないとか

そんなことは関係ない!

みんなが幸せそうに

笑ってりゃ

いい家族ってことだ!

 

※マイナー作品だからなのか、フランス版しかみつかりませんでした…

*1:フランスの社会人類学