zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

きらめく灰色の脳細胞~寝台列車でゆこう~

 アガサ・クリスティ*1最高傑作

オリエント急行
             
 殺人事件』1974

"Murder on the Orient Express"

アルバート・フィニー, ローレン・バコール, イングリッド・バーグマン,
ジャクリーン・ビセット, ショーン・コネリーマイケル・ヨーク

 

豪華寝台列車オリエント急行

で起きた殺人事件に

名探偵ポワロ*2が挑むお話。

華麗なオープニング曲から

ショッキングな導入シーンへ。

いっきに引き込まれる。

はてさてこれが列車内で起きた殺人

どう関わってゆくのか…

 

監督シドニー・ルメット*3

この映画の肝は

なんといっても

キャスティングの素晴らしさ!

 

ナイトの称号を持つスコットランドの誇り

ショーン・コネリー*4

www.youtube.com

勝気な目力で人々を虜にした

ローレン・バコール*5

www.youtube.com

知的な美貌で名をはせた

イングリッド・バーグマン*6

www.youtube.com

気ままな猫のような美しさの

ジャクリーン・ビセット*7

www.youtube.com

そして名探偵エルキュール・ポワロ*8役は

大英帝国勲章爵位も辞退した男*9

アルバート・フィニー*10

www.youtube.comきら星のごとく輝く

大御所中堅俳優

総力をあげて練り上げた

豪華絢爛な一大絵巻

になっております。

 

リチャード・ロドニー・ベネット

手がけた音楽もすてき!!

▼OPと導入部分の怖いやつ…

Overture and Kidnapping

Overture and Kidnapping

  • リチャード・ロドニー・ベネット
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

私が特に大好きなのが

オリエント急行

発車するシーン!!!

The Orient Express

The Orient Express

  • リチャード・ロドニー・ベネット
  • サウンドトラック
  • provided courtesy of iTunes

音楽がちゃんと映像とリンクしてて、

いつ観ても興奮する♪


どうでもいいけど、

ポワロ側の協力者である

ビアンキさん(鉄道会社重役)

コンスタンティンおじいちゃん(医者)

容疑者一人ひとりの取り調べの後に

いちいち二人で

「あの人だな」

「動機があった」

とすぐ犯人にしたがるのに

クスッとなりました。

 

楽天

DVD

iTunesサントラ

Agatha Christie's Murder On the Orient Express (Original Sound Track)

Agatha Christie's Murder On the Orient Express (Original Sound Track)

  • リチャード・ロドニー・ベネット
  • サウンドトラック
  • ¥1500

アガサ・クリスティ作品

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

▼ミステリ作品(ドラマ・映画・本) 

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

*1:世界でいちばん有名な英国女流ミステリ作家。代表作:『スタイルズ荘の怪事件』『アクロイド殺し』『ABC殺人事件』『そして誰もいなくなった

*2:ご存じ灰色の脳細胞を持つベルギー人私立探偵

*3:代表作:十二人の怒れる男』『セルピコ』『狼たちの午後』『その土曜日、7時58分

*4:代表作:”007シリーズ”『薔薇の名前』『アンタッチャブル

*5:代表作:三つ数えろ』『百万長者と結婚する方法』『脱出』

*6:代表作:カサブランカ』『汚名』『誰が為に鐘は鳴る』

*7:代表作:『映画に愛をこめて アメリカの夜』『ザ・ディープ』『料理長殿、ご用心』

*8:ポワロ役デイヴィッド・スーシェピーター・ユスティノフがお気に入りです。

*9:こういう気取った体制に反感を持っていたそうな。

*10:代表作:トム・ジョーンズの華麗な冒険』『クリスマス・キャロル』『ドレッサー』