zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

男たちの評決~黒がグレーへ、グレーが白へ~

オリエント急行殺人事件シドニー・ルメット初監督作品

十二人の怒れる男1954

"12 Angry Men"

ヘンリー・フォンダ, リー・J・コッブ,
マーティン・バルサム, E・G・マーシャル

 

殺人の嫌疑を

かけられた少年

有罪にするか

無罪にするか…

陪審員として集められた

12人の男たち

熱い議論を交わすお話。


判決は陪審員12人全員の一致が条件。

男たちは部屋に通され、

そこで意見を固めることになります。

最初の決で”有罪”11人が挙手。

ただひとり

”無罪”を主張したのが

陪審員8番の男

詰め寄るみんなに8番

話し合いをしたいと言います。

そう簡単に決められない。

話し合いもなしに

僕が手を挙げたら少年は死刑になる。と。

しぶしぶ再び席に着く男たち

そして話し合いが始まるのですが…

年齢が違う、

職業が違う、

育ってきた環境も違う。

正義感の塊だったり、

事なかれ主義だったり、

めんどくさがりだったり、

優柔不断だったり、

偏狭だったり。

性格もさまざま。

12人いれば

12通り

考え方がある。

暑い日なのに扇風機も壊れていることで

不快指数も上がり、

話し合いはなかなかまとまらない。

 

そんな中、

”無罪”に投じたのが

陪審員9番のおじいちゃん

8番証言の穴を突くと、

おじいちゃんも持ち前の洞察力

証言の矛盾を指摘するの。

ここからががぜん

おもしろくなって

くるんです!!

二人の理路整然とした説明に

みんなが徐々に動かされてゆくわけ。

そしてオセロ

裏返るように

事件の見方が

変わってゆきます。 

議論の場

ただただ撮っているだけなのに、

観ている自分もまるで

部屋の中の一員になったみたいに

どんどん引き込まれていく。

 

モノクロ映画だからって

観ないのはもったいない!

アカデミー賞

こそ逃したものの

未だにリメイク

パロディ*1

ミュージカル上演の絶えない

不朽の名作です。

ぜひご覧あれ!!!

 

楽天

Blu-ray

DVD

Amazon

Blu-ray

DVD

▼モノクロ映画をもっと楽しみたい方はこちら

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

シドニー・ルメットの他の作品はこちら

zuzz.hatenablog.com