zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

行動分析課の出張事件簿~凄腕プロファイラー集団のお仕事~

「どこかに必ず穴はある。犯行か行動の中にな」

『クリミナル・マインド
   FBI vs. 異常犯罪』2005

 "Criminal Minds"

マンディ・パティンキン, トーマス・ギブソン, ローラ・グラウディーニ,
シェマー・ムーア, マシュー・グレイ・ギュブラー, カーステン・ヴァングスネス

 

FBI

行動分析課(BAU)*1

難事件を解決してゆくお話。

2005年から始まって、

今もシーズン13

放映されている長寿番組

ちなみに私は過去に

シーズン1の3話目でいったんリタイア。

このほど再び観始めました。

 

BAUの武器は

プロファイリング

(あっ、銃も使います)

過去のデータを元に

殺害現場遺体の状況から

犯人像を割り出し、

あっという間に

容疑者を絞り込む。

 

心理学にも明るいので

人の心を操ることができる。

捕らえた容疑者から

自供を引き出すのもお手の物。

仲間の刑事一人の安否が不明なまま、

鎖で厳重に縛りあげられる犯人を見て

他の課の捜査官が言うんです。

「こんな茶番をしている時間はないだろ。

 くつろがせて打ち解けさせるのが自白のやり方だ」

「普通の犯罪者ならな。だがこいつにその手は効かない」

「どういうことだ?」

反社会性人格障害*2は絶対に心を開くことはないんだ」

「じゃあどうすればいい」

「不快な状況を作り出すんだよ」

このように

犯人のタイプによって

おだてたり、

怒らせたり、

怯えさせたりして

対応を変えるのです。

 

経験豊富なみんなの大黒柱ギデオン

まじめで優秀なホッチ

頼りになる兄貴分みたいなモーガン、 

三つの分野の博士号を持つ天才新人リード

心理分析に長けた熱い女捜査官エル

壮絶な過去を持つJJ

これが初期メンバーなんだけど、

なんといっても私は

個性的な

天才ぽっちゃりハッカー

ペネロープ・ガルシア嬢

お気に入り!

スピンオフ作品である

『クリミナルマインド レッドセル』

『クリミナル・マインド 国際捜査班』

にもそれぞれ出演しているのだ。

明るい彼女のおかげで

ヘビーな事件

なんとか乗り切れます…

▼”レッドセル”はここでも出てくるよ!

zuzz.hatenablog.com

毎回テーマに沿った

著名人の名言

OPED

挟み込まれるのもいい。

「フォークナー曰く

 ”過去や今の人間と張り合うのではなく

  自分自身と張り合え”

「哲学者ギブラン曰く

 ”強い魂は苦痛から生まれ、

   大きな人格は無数の傷跡から生まれる”

この演出がこの作品をよりいっそう

格調高いものにしているのよね。

ほんとうに観ごたえのある作品。

だけど続けて観るのは

くれぐれもお気をつけて。

だんだん

に飲み込まれそうに

なりますので…

そういうときはコメディーを観ようね☆

 

zuzz.hatenablog.com

▼犯罪心理に興味があるなら

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

▼箸休めに!

zuzz.hatenablog.com

楽天

[rakuten:guruguru2:12359113:detail]

[rakuten:book:18730525:detail]

Amazon