zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・おしゃれ・本・レトロなもの・昭和・大正・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・手作りアクセサリー・消しゴムはんこなどなど…興味のあるものだけをザックザックと掘り下げようと思います!

思わず体が動き出すプレイリスト【おまけつき】

Avicii

ft.Aloe Blacc

"Wake Me Up"

私はこの曲でアヴィーチー*1という人を知りました。

カントリーなのかな?と思いきや

驚きの展開でびっくり。

そしてMVを観てまたびっくり。

歌ってるの

アロー・ブラック

だったんかい!!!

▼Aloe Blaccさん回

zuzz.hatenablog.com

Kristinia DeBarge

"Find Me"

前にも紹介した

大所帯兄妹グループデバージさんとこのお嬢さん

▼Kristinia DeBargeさん回

zuzz.hatenablog.com

Mutya Buena

"Real Girl"

こちらも前に紹介したムーチャ・ブエナ嬢

キャッチーなメロディーで聴きやすい。

それもそのはず、

サンプリングされてるのが

レニーのこの曲だもんね。

Lenny Kravitz

"It Ain't Over 'Til It's Over"

▼Mutya Buenaさん回

zuzz.hatenablog.com

Little Mix

ft.Charlie Puth

"Oops"

リトル・ミックスのアルバム聴いてたら

大好きなチャーリー・プースが登場して

うれしくなりました。

口笛が軽やかにちりばめられてごきげんな曲。

▼Charlie Puthさん回 

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

J-Hype

"Lonely"

TSUTAYAでみつけたJハイプ氏

この曲が流れるとサビで必ず歌ってしまう!

…とまあいろいろあげてみましたが、

実はいちばんオススメしたかったのは

こちらなんです。

Zedd

&Aloe Blacc

"Candyman"

先に音源聴いたあと知ったんだけど、

あのカラフルチョコレート

M&M'S*275周年記念のために

制作されたんだって。

まぁそんなことはいいんだ、

とにかく聴いとくれよ。

※発売されている音源にはセリフは入っていません

▼Sammy Davis Jr.*3"The Candy Man"がベースになっています。

ガラッとテイストが変わるこっちも聴いてください。

まったく…

アロー・ブラック兄貴

気持ちよさそうに歌ってらァ…

▼ホーンが入った大人な生演奏Ver.

こんな別Ver.もみつけた。

聴いて楽しい

観て楽しい

音楽プロデューサー映像作家

Kurt Hugo SchneiderによるMV

50000粒

M&M'S

メロディーを奏でてます!!!

コロコロしてて

かわいいサウンドに仕上がってます。

【おまけ】

長く愛されてきた

M&M'S

やはりグッズが豊富。

かく言う私も、

ピアスTシャツ持ってます(笑)

おやつにどうです?

ピアスがまたかわいいんだ、これが!

【アルバム】

J-HYPEはありませんでした…

【曲】

Wake Me Up

Wake Me Up

  • provided courtesy of iTunes
Find Me

Find Me

  • クリスティニア・デバージ
  • R&B/ソウル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
Real Girl

Real Girl

  • ムーチャ・ブエナ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
It Ain't Over 'Til It's Over

It Ain't Over 'Til It's Over

  • provided courtesy of iTunes
Oops (feat. Charlie Puth)

Oops (feat. Charlie Puth)

  • リトル・ミックス
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Lonely

Lonely

  • provided courtesy of iTunes
Candyman

Candyman

  • Zedd & アロー・ブラック
  • ダンス
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

zuzz.hatenablog.com 

*1:2018年4月に自殺。28歳の若さだった。

*2:アメリカの兵士達からの「触っても溶けないチョコを」のリクエストを受け開発され、世界中でロングランヒットとなった伝説のお菓子。

*3:ハーレムに生まれ、ビバリーヒルで亡くなるというまさにアメリカン・ドリームの体現者。アフリカンアメリカンユダヤ教徒でありプエルトリカンを持つサミー・デイヴィス・ジュニアは、その出自から人種差別の激しかった50年代で幾度となく理不尽な扱いを受けている。しかし自らも同じ経験をしたフランク・シナトラが手を差し伸べてくれたことで、は得難い仲間と居場所を手にしたのでありました。この人の写真見てみてください。何度もつらい目に遭ってきただろうに、ほんとうにいい笑顔なんだ。