zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

このアーティストがすごい!~Joss Stone~

前にフィーチャリング特集

紹介したJoss Stone。 

zuzz.hatenablog.com

まろやかながらも

粘りのある声が持ち味。

イギリスに生まれ、

アレサ・フランクリン*1をはじめとする

ソウルミュージックを聴いて育ったジョス

とてもシャイな性格

人前で歌声を披露することができなかったから

いつもシャワーを浴びながら歌っていたらしい(笑)

そんな内気な彼女がなんと予選を勝ち抜き

タレントショーに出演。

14歳でその名を知らしめることと

あいなったのでございます。

 

かわいい声で

すごく聴きやすいんだ~♪

はっきり言って、

今より

初期のアルバムが好き。

そこらへんから今日は

いくつかご紹介したいと思います。

 

■□■□■□■□■□■

 

私はこのセカンドアルバムから

ジョスを知りました。

"Right To Be Wrong"

間違ったっていいじゃない
間違うことが私を強くしてくれるのよ

私は私の道を行くんだから

好きに生きさせてよ!って曲。

この一曲目を聴くやいなや、

すぐにとりこになってしまったのです。

"Security"

あなたがつらい時は

私が支える、守ってあげるからねって曲。

ゴスペルクワイを従えて

歌うジョスは、

聖母のようにあたたかく、

戦士のように力強い。

Security

Security

  • provided courtesy of iTunes

"Jet Lag"

あなたといると

時差ボケみたいに

ぼーっとなっちゃう

…っていう、

恋する恍惚感を歌った曲。

Jet Lag

Jet Lag

  • provided courtesy of iTunes

"Spoiled"

別れてから大事な存在に気づく。

そんな悶える心を歌った曲。

古今東西

このテの歌は数多あるけれど、

みなさんそれほど苦しんでおられるのよね…

スポイルド

スポイルド

  • provided courtesy of iTunes

 

■□■□■□■□■□■

 

大御所ベティ・ライト*2

心強いバックアップを受けて

放たれた鮮烈なデビューアルバム

なんとすべてカバー曲なんです!!

しかもアレンジが斬新!

比較して聴いてみてください。

"Victim of a Foolish Heart"

 恋に傷ついたカレを支え、
 ようやく恋人同士になれた私たち
 なのに再び元カノが現れて…!?
 お願いベイビー
 もうあの子にだまされないで…!
 どうなっちゃうの!?
 大混線★トライアングルラブストーリー

…とまぁ少女マンガ風の説明ですが

こんな曲です★

Victim of a Foolish Heart

Victim of a Foolish Heart

  • provided courtesy of iTunes

それじゃ原曲を聴いてみましょう。

Bettye Swann(ベティ・スワン)

あれっ…

なんだかほがらか

ジョス版のような悲壮感がまるでない…

ブコメかよ~っ!!

Victim of a Foolish Heart (2007 Remaster) [Single Version]

Victim of a Foolish Heart (2007 Remaster) [Single Version]

  • Bettye Swann
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

"The Chokin' Kind"

あなたの愛って窒息しそうな愛なのよ

次の相手にはそんな風にしちゃダメよ

って曲。

こんな歌詞だったのか…

The Chokin' Kind

The Chokin' Kind

  • provided courtesy of iTunes

この曲はいろんな人が歌ってます。

Mavis Staples(メイヴィス・ステイプルズ)

またしてもドタバタギャグ路線

▼しかしこのジャケ…サッポロ生ビールか!

The Chokin' Kind

The Chokin' Kind

  • メイヴィス・ステイプルズ
  • ゴスペル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Joe Simon(ジョー・サイモン)

こちらもまぁ軽め。

「やれやれ…
 重い女だったぜ…」

てカンジか。

The Chokin' Kind

The Chokin' Kind

  • provided courtesy of iTunes

素材をどう料理するかで

まったくちがった味になる。

おもしろいですなぁ…

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

 

*1:Aretha Franklin。今年亡くなった、泣く子も黙るソウルの女王
▼アレサの回

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

*2:Betty Wright。この人もやはり14歳でヒット曲を世に出し、数年後グラミー賞を受賞。歌ってプロデュース業もこなす音楽センスのみならず、レーベルを立ち上げ後進の育成に励むビジネスセンスも併せ持つ才媛。
グラミー賞受賞作"Where Is The Love"

Where Is The Love

Where Is The Love

  • ベティ・ライト
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

[rakuten:book:19157343:detail]

▼これはライヴVer.

Where Is the Love

Where Is the Love

  • ベティ・ライト
  • R&B/ソウル
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

[rakuten:book:19157329:detail]