zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

このアーティストがすごい!〜Cyrille AiméeとDiego Figueiredo~【おまけつき】

憂鬱な小雨の日

聴きたくなる。

よく晴れた日

聴きたくなる。

そんなアーティスト

シリル・エイミさん

 

CYRILLE AIMÉE
& DIEGO FIGUEIREDO

という名義で

ギター奏者ディエゴ・フィゲイレド氏

出してたアルバムのこの曲

すっかりとりこに。

 

"Just the Two of Us"

ただただ

ふたりっきりの世界

歌ったあま~い歌

それなのにシリルディエゴにかかると

こんなに軽く仕上がっちゃう。

カバー曲なんだけど、原曲と全然ちがう!そこがいい!

Just The Two Of Us

Just The Two Of Us

  • Cyrille Aimee & Diego Figueiredo
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

シリルの歌声

やさしくて

聴いていてすごく

心地いい。

ずっと聴いていたいような

気持ちにさせられるんです。

 

彼女フランス生まれなんだけど、

幼い頃から世界各地を周ってたらしい。

いろんな場所

いろんな言葉

いろんな人たち

育まれたからなのか

フランス語英語

スペイン語ポルトガル語

どの曲を歌っても

不思議としっくりくる。

 

ディエゴ

アコースティックギター

あたたかくて軽やかで

情感豊かな音色です。

ブラジル生まれ

10代でギターを手にするや

その素晴らしい才能を絶賛され

数々の賞を受賞してきたんだって。

 

そんなシリルディエゴ

出したアルバム

タイトルはずばり

"Just the Two of Us"

だったのでした。

あなた

ただそれだけ。

歌声ギター

ただそれだけ。

ほかにはなにもない、

まさに

"ふたりっきり"

の世界なのです。

 

ちょっとためしに

聴いてってくださいな。

 

"Invitation"

ディエゴが途中で

演奏の仕方を変えるんだけど

これがまた巧いんだ…!

Invitation

Invitation

  • Cyrille Aimee & Diego Figueiredo
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

"Samba Em Preludio"

フランス語が耳に気持ちいい…

終盤ディエゴの歌声が加わって

いっそう味わい深い。

この曲好きだなぁ…

Samba Em Preludio

Samba Em Preludio

  • Cyrille Aimee & Diego Figueiredo
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

"A Felicidade"

フェリシダージ幸福

悲しみは終わらないけれど

幸せは終わる…

という歌。

ボサノヴァの定番曲ですね。

A Felicidade

A Felicidade

  • シリル・エイミ&ディエゴ・フィゲイレド
  • ジャズ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

"La Vie En Rose"

ラ・ヴィ・アン・ローズ*1

邦題”ばら色の人生”

こちらはシャンソンの定番曲ですね。

La Vie en Rose

La Vie en Rose

  • シリル・エイミ&ディエゴ・フィゲイレド
  • ジャズ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

"Smile"

つらいときでも

笑顔でいよう

きっと明日は

晴れているから…

って曲。

あのね、泣いてもいいんです。

ベッドで思いっきり泣いたら、

笑顔で外に出かけましょ!

笑顔でいればいいことがある!きっとね!

スマイル

スマイル

  • シリル・エイミ
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

シンプルなだけに、

二人の音楽

心に響くものがある。

贅沢な癒しのひとときです。

 

アルバム

やはり一枚目おすすめ

Just the Two of Us

Just the Two of Us

  • Cyrille Aimee & Diego Figueiredo
  • ジャズ
  • ¥1650
Smile

Smile

  • シリル・エイミ & ディエゴ・フィゲイレド
  • ジャズ
  • ¥1500

【おまけ 1】

"Just the Two of Us"

原曲1981年

Grover Washington Jr.

Bill Withers

のもの。

サックス奏者である

グローヴァー・ワシントン・ジュニア

作曲・演奏し、

ビル・ウィザースが歌いました。

上品だけど熱いサウンド

ロマンチックな歌詞が受けて大ヒット

グラミー賞を受賞したのでありました。

”クリスタルの恋人たち”というこっぱずかしい邦題つき…

Just the Two of Us (feat. Bill Withers)

Just the Two of Us (feat. Bill Withers)

  • グローヴァー・ワシントン・Jr.
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

アルバム

Just the Two of Us

Just the Two of Us

  • グローヴァー・ワシントン・Jr.
  • ジャズ
  • ¥1650

途中(2:31あたり)で

チャカポコチャカポコ鳴り出して

カリブな雰囲気なのも、

時代を反映しているようで趣深い。

 

ふとリビアン音楽が気になって

ティール・ドラムについて

調べてみたんだけど…

なんて陽気な音色

海まで走って行きたくなる!

みなさん、楽しそう!こんな笑顔だものな…

しかしこの

ティール・ドラム

けっこう

複雑な構造

しておるんですぞ!

笑顔で演奏するには時間がかかりそうだぜ…

【おまけ 2】

"La Vie En Rose"

原曲

Edith Piaf

愛に生きた女

エディット・ピアフです。

大女優マレーネ・ディートリッヒとは

親友であったそうな。

ちなみに彼女もこの歌を歌っています。

La vie en rose

La vie en rose

  • provided courtesy of iTunes

アルバム

マレーネの出た映画
zuzz.hatenablog.com

 【おまけ 3】

"Smile"

作曲したのが

チャーリー・チャップリン

てのは有名な話ですね。

歌詞は後年に他の人がつけたものです!

1936年映画

『モダンタイムス』で使われました。

まるで

人生そのものを

現しているような、

ちょっとほろ苦くて

美しい曲です。

▼有名なラストシーン1:15からのチャップリン
 「笑おう、ね!」ってジェスチャーがいいんだ。

アルバム

【おまけ 4】

これはディエゴとの作品じゃないんだけど…

"Young At Heart"

心に若さがあれば

にだってにだって

どんなことにだって

挑戦できるんだよ…って曲。

ほんとそうよねぇ…

持ち続けたい、冒険心

▼しかしただ無鉄砲なだけなのはいけませんぜ!

ヤング・アット・ハート

ヤング・アット・ハート

  • シリル・エイミ
  • ジャズ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

"Young At Heart"

原曲

Frank Sinatra

帝王フランク・シナトラであります。

Young At Heart

Young At Heart

  • provided courtesy of iTunes

アルバム

グッド・デイ

グッド・デイ

  • シリル・エイミ
  • ジャズ
  • ¥1900

▼シナトラ回
zuzz.hatenablog.com

▼こんな癒し系アーティストもおすすめ

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

 

*1:お店の名前によく使われるのはなぜなのか(笑)”セ・ラ・ヴィ”(それが人生さ)もありがち。