zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

ラーメン細腕繁盛記~食にまつわるコラージュ~【おまけつき】

「母ちゃん、今日こそはやるからね。
 みんなが母ちゃんのラーメン食べて、
 最後にこうやって丼のスープ飲み干したら、
 母ちゃんの勝ちなんだ」

タンポポ1985

山崎努, 宮本信子, 安岡力也, 役所広司, 大滝秀治, 渡辺謙, 黒田福美, 桜金造

 

おいしいラーメン店

目指して奮闘する

子持ち未亡人

トラック運転手のお話。

軸になるのはあくまで

ラーメン店のストーリー

店主タンポポ(宮本信子)

トラック運転手ゴロー(山崎努)*1

その後輩ガン(渡辺謙)

土建屋ピスケン(安岡力也)

食通のホームレス先生(加藤嘉)

スポンサー老人(大滝秀治)

老人の家の料理人ショーヘイ(桜金造)。 

 

究極の店づくり

取り組む

このメンバー

描くかたわらで、

 

ラーメンの蘊蓄を語る名人*2

グルメな白服ギャングとその情婦

マナー教室先生生徒たち

食通鞄持ち重役たち

母が危篤一家

食品をつついて回る奇怪老婆店長

食い意地の張った詐欺師刑事などなど

 

にまつわる

いろんな人間模様

コラージュのように

映画の中に

ちりばめているのです。

この試みがおもしろい。

ちょっとずついろんな味

つまみ食いしながら楽しめるの。

 

ホームレスたち

先生を送り出すために

仰げば尊しを歌うシーン*3が好きだった。

実際に歌っているのは合唱団の人たち

嘘くさくならないように

同時録音をする熱の入れよう。

 

観終わったら

おいしいもの

食べに行きたくなるよ!

 

【おまけ】 

メイキングも観ました。

いやぁ、すごいよ、

伊丹十三*4監督って人は。

エッセイを読んだときから

わかってはいたけど

独自の美学

持っている人で

完璧主義者なのよね。

作中の”ナルトを投げるシーン”

一つ取っても、

かなりの撮り直しをしてた。

いっさいの妥協を許さない人なんだな。

エッセイだと

皮肉屋気どり屋(笑)だけど、

家族にあてて書いた手紙*5

奥さんが語る旅のエピソード*6から

意外と寂しがりやかわいらしい人

だったのがわかる。

もっといろんな作品を

作ってほしかったな…

 

【気になったセリフ】

ゴロー
「おい兄さん、ケンカ売るならどうだろ、
 俺に直接売ってくれねぇか」

 

グルメのカバン持ち
「そうねぇ…今日はどういうものか
 朝からコルトン・シャルルマーニュ
 飲みたいような気がしてたんだけど。
 81年はあるかしら?」
 

 

ゴロー
「熱くないラーメンは
 ラーメンではない!」

  

【今日の知ってる人!】

この映画で

印象深いシーンとして

よく挙げられるのが

ホームレスのおじさん

オムライスを作るシーン。

※アップの料理シーンたいめいけん*7のシェフによるもの。

このホームレスのおじさん

高見映さん

『できるかな』

ノッポさん*8

をやってた人です。

小柄なホームレスを演じてた

辻村真人さん

忍たま乱太郎

学園長をやってました。

OP曲”勇気100%”光GENJIだったね(笑)

食い意地の張った詐欺師

小津安二郎の映画で

常連の脇役だった

中村伸郎

そしてマナー教室の先生

岡田時彦親子二代*9

小津監督にかわいがられた

岡田茉莉子

二人出演作秋刀魚の味*10

▼もっと伊丹十三!な方は…

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

 

 

*1:この映画のために大型免許を取得した。

*2:演じる大友柳太朗はこの作品の撮影が終わった翌日に投身自殺。タンポポ彼の遺作になった。

*3:伊丹万作『戦国奇譚 気まぐれ冠者』から拝借したとのこと。

*4:映画監督であり俳優でありエッセイストでありデザイナー。多才な知識人で、エッセイではたびたび蘊蓄を披露している。制作する映画がしだいに娯楽作品としてでなく社会に問題提起する作品に変わっていったことで、時に騒動に発展することもあった。そして1997年、謎の死を遂げる。さまざまな憶測が飛び交うものの、真相は未だ明らかにされていない。
監督伊丹万作。本名は義弘だけど、万作岳彦と名付けたかったので、家ではタケチャンと呼ばれていた十三(笑)女優宮本信子は二度目のゆかりノーベル賞作家大江健三郎十三の息子は二人おり、長男ドラマ金田一少年の事件簿警視明智健悟を演じた俳優池内万作。その万平タンポポタンポポの息子を演じてました。

*5:新婚時代、伊丹監督がやらかして(たぶん浮気)しまったときの奥さんへの手紙は読んでほしい。原稿用紙にカタカナで書いてあるの。
▼これに載ってます。

*6:伊集院光ラジオ番組で披露してました。撮影の裏話もあって、なかなか興味深かった。

*7:日本橋にある老舗洋食レストラン。東京まで足を運ぶことのない地方の人間にとってはそのよりも真っ黒に日焼けした店主方がおなじみであろう。なにはともあれたいめいけんこの映画にちなんでタンポポオムライス”をメニューに載せるようになったのでありました。ちなみに私はチキンライスが苦手なのでオムライスもダメでござる。
rurubu.jp

*8:最終回まで無言で通した工作の神様ノッポさ~ん!

*9:岡田親子芸名文豪谷崎潤一郎先生が考えたんですとさ!すごいな、おい!

*10:小津映画、一時期ハマりました。極妻と言ったらこの方、岩下志麻姐さん主役ムーミンの声でおなじみの岸田今日子きいっちゃんことミキプルーンこと中井貴一佐田啓二黄門様こと初代水戸光圀をやった東野英治郎も出ております。