zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

バクスター氏に学ぶ出世術~デキる男は麺の湯切りをラケットでする~【おまけつき】

「腐ったリンゴが4個でも5個でも
 関係ありません。
 比率で言えばたいした違いはないし」

『アパートの
      鍵貸します』
1960

"The Apartment"

ジャック・レモン, シャーリー・マクレーン, フレッド・マクマレイ

 

1959年

ニューヨーク

副業で大忙しな

独身サラリーマン

楽しくもほろ苦い

ブコメディー。 

www.youtube.com

 

 

 1959年11月1日 現在、

 ニューヨークの人口は

 804万2,783人。

 一列に並べると、

 タイムズ・スクエアから

 パキスタンのカラチに到達する。

 僕が数字に強いのは、

 保険会社に勤めているからだ。

       ※冒頭ナレーションより

 

 

入社4年目の

C・C・バクスター

所属するのは、

19階 普通保険部

保険料計算課だ。

 

勤務時間08:50~17:20

なんでこんな

中途半端な時間かというと、

巨大なビルのワンフロアに

ものすごい数の従業員が

ぎっしり詰められているから!

”16基のエレベーターで

社員をさばけるよう

階ごとに時差出勤”

しているらしい。

すごい!

さすがアメリ

 

さて。

バクスターはいつも

1~2時間ほど

残業しています。

 

Q.なぜ?

A.バクスターの家を
    他の人に

    貸しているから。

 

Q.なぜ?

A.バクスターの会社の
    お偉いさん達が
    奥さん以外の人と
    会うために使うから。

 

つまり火遊びの密会用

提供しているわけですね。

帰りたいときに帰れないし、

帰ったら家はグチャグチャ。

鍵の取り違えで

閉め出しを食うこともあるし、

お隣りさんには

遊び好きで
 大酒呑みのお盛んな人
として

誤解されちゃったりもする(笑)

そんな昼間は保険会社社員

夜はホテル業バクスター

”副業”は大忙し!

いろんな部署の

課長部長の予約で埋まってます。

体調不良で

一晩ゆっくり休もうと思っても、

一人ずらせばまた一人にしわ寄せが。

熱で苦しむ
バクスター
予約リストのページ
にらめっこしながら
関係者各位
宿泊取り消し
お伺いをたてるシーンが
おもしろすぎる(笑)

お偉いさん

「水曜はダメなのか?
 じゃあ議事日程を変えんとなァ…」

なんて言っちゃって。

議事日程(笑)

やっと日程調整がとれて

落ち着いたのもつかの間、

今度は呼び出しが。

なんと人事部

シェルドレイク部長からだ。

きっと昇進の話だ!

ちょっと気になる存在である

エレベーターガール

フラン嬢に自慢しつつ

部長の部屋へ駆けつけるバクスター

 

「君は評判がいいな。
 ドービッシュは”協力的”と」
「ドービッシュさんがそんなことを?」
「カークビーは
 ”一週間の内に度々 残業を”と」

「仕事がたまるもので」
「渉外課のヴァンダーホフと
 貸付課のアイケルバーガー
 どちらも君を欲しいと言っている」
「とても光栄です」
バクスター、教えてくれ。
 どうして君はそんなに人気者なんだ?」
「わかりません」
「考えろ」
「なぜ私にそんな質問を?」
バクスター、私はバカじゃないぞ。
 会社で起きていることは、
 どの部署だろうが
どの階だろうが
 年中すべてお見通しだ」

 

部長は突然、

過去に社内でノミ行為を働いて

捕まった社員の話をし始める。

 

バクスター
やばいぞ…
これはお叱りからの
クビコースか…?

 

そしてシェルドレイク部長

唐突にバクスター

自分は今日用事があるから
映画のチケットと交換しよう

てなことを言い出す。

いや、今日はカゼなので
家で休みたいんですが…交換?

となるバクスターに、

部長はさらにたたみかける。

「報告書には機転が利いて
 察しがいいとも書いてあったが」

ハッとして

鍵を取り出すバクスター

あんたもかーい!!

 

そんなこんなで

上司達からは使える奴として

ひっぱりだこのバクスター

そのプライベートを犠牲にした

サービス精神が実を結び、

めでたく

総務部第二係長

昇進したのでした。

自分専用の部屋

感激するに、

腐ったリンゴ達…じゃなかった、

密会の宿の顧客…じゃなかった、

後援会の会員達…じゃなかった、

例の上司達

お祝いに駆けつけてました(笑)

 

ビリー・ワイルダー監督

作品を観るのは二度目。

▼これも最高!ほんとおもしろいよ!
zuzz.hatenablog.com

50年以上経つ映画なのに、

軽快洒脱

びっくりする。

 

ユーモアたっぷり

クスッと笑えて、

観終わったあと、

さわやか

気持ちになれる映画です。

 

【おまけ】 

チャーミングフラン嬢を演じた

シャーリー・マクレーン

彼女の娘

サチ・パーカー

フライトアテンダント

経験もある才媛。

日本で暮らしたこともあり、

親譲りの親日でもあるサチ

四か国語に堪能なのだそう。

西の魔女が死んだ

おばあちゃん役

出演してます。

サチ名付け親
   ”小森のおばちゃまこと小森和子

www.youtube.com

▼買ったもの載せてます!

20190704215258 

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com