zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

おばあちゃんの着こなし術!~魔女のクローゼット~

「わぁ!すてき!」

『アイリス
 ・アプフェル!
      94歳のニューヨーカー2014

"Iris"

 

1921年生まれ

実業家

インテリアデザイナー

そして

おしゃれの申し子

アイリス

ドキュメンタリー映画

www.youtube.com

ベリーショートの白髪。

トンボの目みたいな

でっかくてまぁるいメガネ*1

ハイブランドも着れば、

露天で売ってる安物も着るし、

民族衣装だって着る。 

値切り交渉もお手のもの。

*2はいつも

洋服と装飾品、

調度品、雑貨であふれている。

 

インテリアコーディネーターだった

アイリスは、

顧客のニーズに応えるため

と共に定期的に

世界中へ買い付けに行くうち、

自然と目が肥えていったのだという。

やがてそのセンスを買われ、

美術館議事堂

果てはホワイトハウス*3

装飾の復元まで依頼されるように。

その一方で

廃れゆく刺繍をよみがえらせたり、

貴重な手仕事の担い手を育てたり、

歴史が失われないための

貢献もしているのだ。

 

ニューヨーク

メトロポリタン美術館で 

働く学芸員ハロルド・コウダは、

アメリカ屈指の

コスチューム・ジュエリー

コレクターとしても有名だった

アイリスと知り合った。

美術館で開催するはずだった

ある企画が頓挫した時、

アイリス

大量のジュエリー

展示しようと考えた。

それもただ陳列するのではなく、

アイリス

手持ちの服に合わせて

飾ろうじゃないか、と。

スポンサーなしで広告費もかけられず

口コミで呼びかけた間に合わせの企画。

それなのにフタを開けてみれば大盛況!

この斬新な催しの噂は広がり、

新聞でも”珍しい鳥”と評され、

アイリス・アプフェル

知る人ぞ知る

ファッションアイコン

なったのでした。

 

アイリスは子どもの頃、

ハーレムの人たち

日曜に教会へ行く姿を見て

感動したんだって。

あんまりみんな

着飾っていて素敵だったから。*4

アイリス感性

そのときのまんま。

いいものをみつけたら、

「わぁ!すてき!」

と子どもみたいに目を輝かせて飛びつく。

このみずみずしいセンス

旺盛な好奇心と行動力

そして豊富な経験

90歳を過ぎた

売れっ子
ファッショニスタ

大きな魅力なのだ。

なんせ電話は一日50本

超多忙おばあちゃんだ。

 

「甥から聞いたの。
 ”彼女もう死んだ人でしょ?”って
 言ってた人がいたって。
 だから次はこう言ってやってって頼んだの。
 ”おばはまだ生きてるんですよ、
   なんせ葬式代が高くつくもんでね”って」
 

アイリス

「たまにはゆっくり休んだら?」

すすめるけど、

彼女は忙しくしてないと

ダメな性分なのだとか。

 

67年連れ添ったカール*5は、

アイリスとの結婚生活で

退屈したことがないって。

はことあるごとに

アイリス"my child"と言ってた。

次に何が起きるかわからないから

いつも驚きの連続なんだそうな。

 

車の中で二人が手をつないでてね、

カメラがグーっと寄って

重なったしわしわの手

大写しになるの。

年をとっても

こうやって

笑い合っていられる

夫婦って、いいな。

ふとそんなことを思いました。 

 

大ぶりの
アクセサリー

大好きなアイリス

私も大好き!!

でも彼女の場合はそれを

ガンガン重ねづけするのだ!

えぇぇ…と思うけど、

不思議と、ホント不思議と

まとまってるんだ…これが。

 

エレガントだったり、

シックだったり、

サイケだったり、

ロックだったり。

 

杖はついてるけど

心は誰よりも若い。

刺激に満ちた人生

 

観たら

おしゃれして

おでかけ

したくなります。

 

【今日の知ってる人】

☆タヴィ・ゲヴィンソン

アイリスと対談していた彼女

ティーンのときにブログを立ち上げ、

自らライター編集者となって

ファッションや音楽、

映画、悩みなどについての

等身大のコラムを発信。

『ルーキーイヤーブック』として

出版され、

多くの少女たちの共感を得た。

タヴィアイリスと同様

”好きが高じて時の人になった”人。

▼私も『ルーキーイヤーブック』持ってます!

ROOKIE YEARBOOK ONE [日本語版]

ROOKIE YEARBOOK ONE [日本語版]

 

▼買ったもの載せてます!

20190704215258 

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

 

*1:ひょっこりひょうたん島ハカセみたい!

*2:自宅以外にもありとあらゆる場所に衣裳部屋にしている物件がいくつもあるのだ!

*3:この件でケネディ大統領夫人ジャクリーン・ケネディとモメたらしい…(笑)この話は政府がいやがるからとしてくれなかった。ちぇ~っ。

*4:黒人たちの服で礼拝に…っていうの、ブルース・ブラザースでも観た!

zuzz.hatenablog.com

*5:この映画の撮影の翌年に100歳で死去。