zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

青く青く~成長するということ~【おまけつき】

”またやってしもうた…
 なしてか知らん、わしはこういう失敗が多い。
 悪気はなあのに周りの人をよう傷つけてしまう”

天然コケッコー2007

夏帆, 岡田将生, 夏川結衣, 佐藤浩市, 柳英里沙, 藤村聖子

 

小さな田舎の村に住む

少女そよ

彼女を取り巻く

人々のおはなし。 

www.youtube.com原作

くらもちふさこ

マンガです。

 

小学生中学生合わせて

6人しかいない学校に

東京から転校生がやってきた。

そよの初めての同級生となる

大沢君だ。

言いたいことを言う

最初こそ反発したものの、

だんだんうちとけてゆくそよ

 

■□■□■□■□■□

 

なんか…この映画、

観てたら自分の小中学校時代

思い出しちゃうんだよね。

 

私の通っていた小学校

ひとクラスしかなかった。

6年間ずっと一緒だったから、

男子女子家族みたいで、

この先もそれは変わらないと思っていた。

でも思春期というのは複雑で、

中学に上がって

ほかの小学校から

やたら不良っぽくてませた子たち

クラスメイトとして入ってきて、

順応性のある子

どんどん染まっていったことで

変わらないなんてムリなんだと知った。

 

関わる人間が増えるほど、

コミュニティーが広がるほど、

環境の変化による影響を受ける。

これはどうしようもないことだ。

でも私は正直そのとき、

仲間が汚されたと思った。 

悲しかったし、

さびしかったし、

幻滅した。

でも

中学を卒業する頃には

私もまた、

ちょっぴり

変わってしまっていた。

 

■□■□■□■□■□ 

 

大人になるって、

ちょっと

ずる賢くなることだ。

”正直者が馬鹿を見る”

理不尽なことがまかり通る世の中、

まじめでいい人は割を食う。

空気を読んで、

時には嘘もついて、

ストレスを最小限に抑えながら、

したたかに生きるすべを身につけなければ

現代社において

円滑に人間関係を築いてゆくのは難しい。

 

だけどそんなことは

まだ知るよしもないそよ

青いなりに

笑ったり、

泣いたり、

傷ついたりしながら

成長する

思春期少年少女

描いた映画です。

 

ヒグラシとカラスの鳴き声、

地面を踏みしめる音。

胸がきゅんとなりました。

 

【おまけ 1

主題歌はこれ。

くるり

”言葉はさんかく
  こころは四角”

▼こっちはシングルVer. 

ゲストの先祖を紐解いてゆく

えねーちけー(仮)の番組

ファミリーヒストリー

主題歌になったこの曲がいちばん好き。

"Remember Me" 

▼終盤でこれが流れるとともに涙がブワッてなります…

Remember me

Remember me

  • provided courtesy of iTunes

このシングルベスト盤に2曲とも入ってます!

”言葉はさんかくこころは四角”シングルVer. 

サントラ

原作本

お試しの第1巻!

じっくりの全9巻!

▼買ったもの載せてます!

20190704215258

【おまけ 2】 

舞台は島根県

浜田市江津市で撮影されました。

www.city.hamada.shimane.jp

gotsu-kanko.jp

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

夏帆が出てくる3作品 

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com