zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

運命の悪戯と惚れ薬の産物~ロックスフォードタウンは大わらわ!~【おまけつき】

「僕は人を見る目はある。
 君を悪い娘だとは思ってないよ」
「そう?」
「それにすごく若いしね」
「あなたよりは年取ってると思うわ、たぶんね」

奥様は魔女1942

"I Married a Witch"

フレデリック・マーチ, ヴェロニカ・レイクスーザン・ヘイワード

 

末代まで呪うはずの

男の子孫

愛しちゃった

魔女のおはなし。

小説原作なんだって。
www.youtube.com

あの有名な

サマンサ

ダーリン

かましママ

でおなじみの

奥さまは魔女

www.youtube.com

じゃないんです。

もっと昔の白黒映画

 

はるか昔、

魔女の存在が

信じられていた

時代のこと。

ジョナサン・ウーリー

という男が、魔女裁判

一人の美しい娘を突き出した。

名はジェニファー

彼女火あぶりにされる前に

ウーリーにこう言い残す。

「おまえの子々孫々に呪いをかけてやる。
 みんな不幸な恋愛しかできないようにね」

 

ウーリー

灰になったジェニファーと、

同じく処刑した彼女の父親を埋め、

その上に樫の木を植えて封印した。

 

しかし、

呪いは生きていた。

ウーリー家の男達

ことごとく

間違った相手を選んでしまうのだ。

 

そして270年

長い長い月日を経て、

落雷で焼け落ちた

樫の木の下から

父娘はついに

甦ったのであった…

 

■□■□■□■□■□■

 

ひさしぶりのシャバ

様変わりした

言葉遣い服装にとまどいつつも、

二人は積年の恨みを晴らすため、

今の代ウーリーに近づきます。

ターゲットは

ウォレス・ウーリー

選挙活動中の知事候補であり

新聞社社長の令嬢結婚間近

呪いの効力は抜群なのか

二人の仲はよろしくない様子。

私に

夢中になったところで

打ちのめしてやるわ!

と息巻くジェニファー

ところがウォレス

なかなかなびかない。

しびれを切らした彼女は、

とうとう惚れ薬

飲ませることにするのだが…

という流れ。

 

白黒映画

今の映画と違って

変に作り込んでないのがいい。

シンプル

映画を楽しみたい方に

おすすめです。

 

【おまけ】

魔女ジェニファー役

結婚歴4回*1!の

美貌の女優ヴェロニカ・レイク

www.youtube.com

ヴェロニカ

トレードマーク

”片側が隠れる前髪”

映画賞総なめ

L.A.コンフィデンシャル

のときのキム・ベイシンガー

”容姿をヴェロニカに似せた娼婦”

を演じていたそう。

遠藤憲一ナレーションて味わい深いな…
www.youtube.com

▼買ったもの載せてます!

20190704215258

こんなのも
  あるよ!

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

 

*1:大女優エリザベス・テイラー8回(うち2回同じ人)!だからリズにくらべりゃ…まぁ、たいしたことないわな…