zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

晴れた日の、静かな時間~たまには寄り道していこう~【おまけつき】

「いろんな人がいると思えばさ、
 どんなことだって楽しいと思えば、
 それはそれでほんとうに楽しくなっていくのさ」 

『マザー
  ウォーター』
2010

小林聡美, 小泉今日子, 市川実日子, もたいまさこ
光石研, 永山絢斗, 加瀬亮, 伽奈

 

京都のとある町

暮らす人々

日常を切り取った映画です。 

www.youtube.com

ウィスキー専門のバーの店主セツコ(小林)。

コーヒー屋の店主タカコ(小泉)。

豆腐屋の店主ハツミ(市川)

それから

家具職人のヤマノハ(加瀬)

近所に住むマコト(もたい)

銭湯の店主オトメ(光石)

銭湯で働く男の子ジン(永山)

そして近所の人たち

代わる代わる面倒を見る

赤ちゃんのポプラ。 

 

あるのはほんとに、

なんでもない日常

ただちょっとした変化があるだけ。

 

ハツミ豆腐屋の場合もそう。

ある日ふらりと立ち寄ったおばさん

「ここでいただいていいかしら?」

とリクエストされたことがきっかけで、

店の外にベンチが置かれるようになる。

すると、みんながそこに腰かけて

豆腐を食べるようになる。

これが新しい日常になってゆくのだ。

 

劇的な展開があるわけじゃない。 

でも誰かとの出会いで

ちょっとずつ

変化することだって、

これもまたドラマよね。

 

■□■□■□■□■

 

こんな会話があったのね。 

「この間、
 うちのお豆腐食べませんでしたね」
「うん。
 ちょっといつもと違うこと
 やってみたくなってね」

いつもと違うこと

私もしたことがあるんだ。

 

昔ふと思いついて、

バスで終点まで行ってみたのね。

日常からの逸脱というか、

ちょっとした冒険

知らない道。

知らない景色。

知らない人たちの暮らし。

いろんなものが見えて楽しかった。

 

私は車の運転免許も持ってないから

長いことそれを

行動範囲が狭い言い訳にしてきたけど、

なんとなくサイクリングを始めたら

自転車で24km走れるし、

ウォーキングを始めたら

自分の足で10km歩けた。

行こうと思ったら

どこへだって行けるんだよね。

 

5分前の自分が

考えもしなかったことを

してみる。

これ、おすすめです。

 

■□■□■□■□■

 

例えば

風に木が揺れてざわめく音とか、

どこからか漂ってくる

焼きたてのパンの香りとか、

なんでもない当たり前のことを

ゆっくり感じてしみじみ味わう時間。

そんな静かな時間

この映画には流れている気がする。

 

ふと立ち止まりたいとき、

羽根を休めたいときに

観たい映画です。

 

しかしマコトさんが作ってた

かきあげ

おいしそうだったな…

揚げたてに塩をちょちょいとつけて

サクッとやりたいなぁ。

じゅるり。

 

【おまけ その1】

なんと、

舞台となったお店

実際にあるみたい!

こういうの、いいねぇ…

 

☆セツコのバー

tabelog.com

☆タカコのコーヒー屋

tabelog.com

☆ハツミの豆腐屋 

tabelog.com

 

【おまけ その2】

この映画は、

金子隆博さん

軽やかでやさしい音楽

とってもよく合う。

 

サントラ買っちゃいました。

このあたりがすき。

”はじまり” 

はじまり

はじまり

  • provided courtesy of iTunes

”大人の朝ご飯”

大人の朝ご飯

大人の朝ご飯

  • provided courtesy of iTunes

”大きな、椅子”

大きな、椅子

大きな、椅子

  • provided courtesy of iTunes

”旅への予感”

旅への予感

旅への予感

  • provided courtesy of iTunes

サントラ

映画

▼買ったもの載せてます!

20190704215258

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

小林聡美出演作品

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com