zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。今日も楽しくいきましょう。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

わたしの京都スクラップダイアリー~大叔父さんの愛する町~

「お月さんの味しよるなぁ…」
「あ~お月さんの味するわ~

『ちょこっと京都に
          住んでみた。』
2019

木村文乃, 近藤正臣

 

東京の生活から離れた

傷心の主人公

大叔父過ごす

京都での日々

描いた物語です。 

www.youtube.com

www.tv-osaka.co.jp

TVerにて

1月12日(日) 12:49まで

無料放送中です!!

tver.jp

人間関係につかれ、

仕事を辞めてしまった佳奈

から頼まれて

ケガをした大叔父のために

東京から京都

お世話をしに行くことに。

 

ところがケガというのは、

なんと小指だけという軽いもの。

叔父さんのおつかいをこなしながら

自転車で京都の町をめぐる

ちょこっとホームステイが始まりました。

 

■□■□■□■□

 

おつかいパートはロケみたい。

実際にあるお店をまわって、

店の人とおしゃべり。

店先で作られている

うなぎのかば焼き*1

お揚げさん*2

おいしそうなこと!

こっちにまで香りがしてきそうでした。

 

町の人

生の声で見えてくる

ありのままの京都

至るところに名所はあるけれど、

なんてことない町並みにも

こんなに深い味わいがあるんだ。

 

■□■□■□■□

 

佳奈

「おいしい」

というと決まって 

「そんなわかりきったこと、
 いちいち言わんでもよろし」

と返す叔父さん

京都のもんや、

おいしいに決まってるやろ!

ってことね(笑)

 

 

 「ハレいうのは知ってるな?」
 「ん?ハレ?なにそれ」
 「おめでたいことや
  お祭りやなんかのことをハレ
  そういう時に着るのが晴れ着や」
 「ん、晴れ着!うん」
 「というのは、
  ま、日常的な普通の日か。
  料理でもそんなんあるんやで」
 「え、なに?」
 「上等でな、
  よそゆき着で行かなならんような店。
  高ぁい店や。
  これはハレや。な?
  でまぁ、普通にヒューと入って行って
  食べられるお店、それは
  …の店やけれども、や」
 「うん」
 「なかなか美味い店もようけあってなぁ。
  おもしろいんやで。
  京都はな、そういうの店で
  長いことやってきてはるところで
  ”ここはええぞ!”という店があるさかいに
  そんなんチョロチョロっと探しに行ったら
  おもろいかもしれへんなぁ…」

 

 「ん、じゃあ今日のお店は?」
 「ん?
  
今日の店は、ケのハレや
 「ふ~ん…かっこいい」

 

 

友達じゃない。

恋人じゃない。

親子じゃない。

だからこその、この距離感。

たんたんと、

あっさりとした

二人のやり取り

なんだか、いい。

今回は単発だったけど、

連続ドラマ化してほしいなぁ…

 

訪ねるんじゃなくて

住んでみたくなる、

ケの京都

詰め合わせ。

川べりを自転車でスイーっと

でかけてみたくなる、

もうひとつの京都です。

 

きな粉たっぷりの

吉廼家(よしのや)一休餅

おいしそうだったな…

www.kyoto-yoshinoya.co.jp

 

【今日の知ってる人】

木村文乃

主人公佳奈

浪花少年探偵団

裏表の激しい音楽教師

榛名先生をやってましたね。

zuzz.hatenablog.com

近藤正臣

大叔父さん

『メゾン・ド・ポリス』

紳士伊達さんを演じてました。

zuzz.hatenablog.com

 

こっちの京都にも
    おいでやす

zuzz.hatenablog.comzuzz.hatenablog.comzuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

 

*1:うなぎのかば焼きは、関東だと蒸したあと焼くけど、関西だとそのまま焼くんだって。私はふわふわよりパリパリした食感の方が好きだから関西派だな。

*2:京都”油揚げ”の呼び方。