zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

高校生探偵のハードボイルド事件簿~"ブリック"と"ピン"~

前回にひき続き、学園ものを。

zuzz.hatenablog.com

『ブリック』

"Brick"

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット, マット・オリアリー, エミリー・デ・レイヴィン

【あらすじ】Wikipediaより

 南カリフォルニアのサンクレメンテ高校に通うブレンダンは、

 元交際相手のエミリーから助けを求める電話を受けた。

 だが、ブレンダンはその話を理解できず、

 エミリー"ブリック"と"ピン"という謎めいた言葉を残して電話を切った。

 納得できないブレンダンは、親友ブレインとともにエミリーを探す。

 しかし2日後、排水溝でエミリーの遺体が見つかり、

 二人は彼女の死の真相を探りだす。

 

BRICK‐ブリック‐ [DVD]

BRICK‐ブリック‐ [DVD]

 

いきなり死体。

暗いトーンで始まったこの映画。

ん?

もしかして主人公

スクールカースト

下層民のサエない男子

ってことなのか?

と思いきやこの探偵さん

王様・女王様ゾーンから

パシリ・ヤク中ゾーンまで、

あらゆる階層を行き来できるようだ。

これはなかなか興味深いぞ…

しかも

頭脳一辺倒な坊や

かと思ったら、

ヤク中グループのボスへの聞き込みに

暴力を行使

「ハッパ野郎め、

 おれはシラフで睡眠も充分。

 お前らより有利だ」

”ヤク虫”くんたちを完全に圧倒。

なにこの意外性!

やるな探偵さん!!

がぜん

おもしろくなって

まいりました!!

とにかく行動力がすごい。

情報屋を使い、

あらゆる場所に潜り込み、

わずかなを頼りに

どんどんをつなげていく。

 

いやぁ…おもしろかった。

こんな

掴みどころのない映画

初めて。

ハードボイルドなのに

クスリと笑えるしかけもいっぱい。

ティーンエイジャーが主人公と思えないほど

終始落ち着いたムードで進んでいくんだけどね。

なんか雰囲気がツイン・ピークス*1みたい。

デヴィッド・リンチが好きな人には合うんじゃないかな?

www.youtube.com

私が言えることは

ただ一つ。

この高校の生徒たちの

行く末が心配…

 

▼ジョゼフの歌声を聴きたい方はこちら!

zuzz.hatenablog.com

 

zuzz.hatenablog.com

*1:途中で観るのやめたけど