zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

チェンバース牧師のお説教事件簿~死せる者に安らぎを 生ける者に真実を~

「いろんな人から打ち明け話をされるって?」
「ものすごい秘密をね。ときどきだけど」

『グランチェスター

"Grantchester"

ジェームズ・ノートン, ロブソン・グリーン, モーヴェン・クリスティ

 

1950年代イギリスで、

牧師の青年

迷える魂を

光の元へ導いたり

村で起きる事件を

解決に導いたりするお話。

無料お試し期間につられて

加入したU-NEXT

video.unext.jp

せっかくだからとおもしろそうな作品

片っぱしからマイリストに入れまくりました。

このドラマはそのひとつ。

原作はジェームス・ランシーの小説。

残念ながら日本語版は発売されてないけど。

しかもシーズン3まで放映されてるのに

日本版DVDも出てないのよね…ちぇっ。

 

さて。

聖職者だけど、

シドニー・チェンバース牧師

おカタい人じゃあないんですよ。

ウィスキーも飲むし、

タバコも吸うし、

ジャズも好きだし、

女友達と水辺で

はしゃいだりもする、

フツーの若者なんです。

 

それにしても

この牧師という職業、

ホントに便利。

警察官より警戒されないから

聞き込みもカンタン。

みんなスッキリしたいから

なんでも話してくれちゃう。

(というより向こうから話しに来る)

 

神を信じない仕事人間

ジョーディ・キーティング刑事

最初シドニーが駆け込んで来た時は

やれやれ…てなカンジだったんだけど、

1話目からもう一緒に遊ぶ仲に(笑)

なんだかんだでいいオジさん

こんなシーンもありました。

牧師「第八戒*1を破ってしまった…」
刑事「ん?何を禁じた教えだ?」
牧師「(あきれ顔でふところから手帳を出す)」
刑事「でかした!」

牧師

被害者の遺留品を拝借!

天罰が下りそう…(笑)

でもなかなかいいコンビ☆

 

ひらめきのヒントをくれるのは

無邪気でしっかり者の

女友達アマンダ

気弱で繊細だけど優しい

副牧師レナード

不愛想で口うるさいけど面倒見のいい

お手伝いさんマグワイア夫人

賢い番犬ディケンズ

シドニーの良き相棒です。

 

悩み妬み恨み

憎しみ怒り望み

のどかな田舎

起こる事件に

誰しも心に

何かを秘めて

生きているんだな、

と観るたび思う。

シドニーも実は

戦争で仲間を失った

心の傷が癒えぬまま、

お酒の力に頼って日々を送っている。

彼自身迷える子羊の一人なんです。

自分弱さ悩み

あるからこそ、

誰か苦しみがわかる。

その苦しみ

寄り添ってあげられる。

ただお気楽な気持ちで事件に

首を突っ込んでいるわけじゃない。

人助けをすることによって

また

救われているんだね。

そういうところがこのドラマ

深みを与えているんだと思います。

 

もう一つ動画貼っとこう。

ランチェスターの世界。

事件の後には牧師の本業、

お説教も聞かせてくれます。

ためになることもしばしば。

ミステリー

気づきの言葉

二度おいしいドラマです。

 

英語版しかない!残念…

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.comzuzz.hatenablog.com

*1:「盗んではならない」という教え。