zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

自由と情熱と音楽と〜コール・ポーターという人~

『五線譜の
  ラブレター』2004
”De-Lovely”

ケヴィン・クライン, アシュレイ・ジャッド, ジョナサン・プライス

ただ1920〜30年代が舞台というだけで

借りただけだったこの映画。

いやはや、やられました。

数々の名曲を遺し

アメリ

ショービズ界に貢献した

作曲家コール・ポーター

の半生を辿るお話。

これまでの人生を回想する…

って映画はありふれているけど

”自分が観客になって

 自分が主人公の舞台を観る”

という手法には驚かされた。

ミュージカルだけど、

いきなり歌い出すわけじゃなくて

ごくごく自然に歌を挿入するの。

この歌を歌う人たちっていうのも

本物の、しかも有名な歌手ばかり!

洋楽好きにはたまらない顔ぶれです。

 

それから特殊メイク

若いときから老いたときまで

同じ役者がすべて演じてるんだけど、

メイクがものすごくリアル!

びっくりした…こりゃだまされるわ。

 

恥ずかしながら、

私はこの映画で初めて

ポーター氏のことを

知りました。

「えっ!これ作曲したの

 ポーターさんだったの!?」

とびっくりし通し!

エラ・フィッツジェラルドが歌う

"Let's Do It"

Let's Do It

Let's Do It

  • provided courtesy of iTunes

フランク・シナトラ

ゴージャスに歌ってる

"Night and Day"もそう。

Night and Day

Night and Day

  • provided courtesy of iTunes

[rakuten:book:17430742:detail]

 

パリでの運命の

出逢い結婚

ベネチアでの

火遊びチャンス

ハリウッドでの

成功バカ騒ぎ

素晴らしい曲が出来上がる裏には、

ずいぶんいろんな

エピソードがあったんだなぁ。

は決して誠実な男じゃなかったんだけど、

なんだろな…

そんな複雑な面を持ってたからこそ、

今でも愛される名曲

生まれたのかなとも思う。

自分が歳を重ねる度

観直したい作品です。

 

私も死ぬときは

自分の舞台

観てみたいなぁ…


■□■□■□■

 

しかし邦題

ひどすぎる。

あからさまに

”ラブストーリー大好き”勢

を意識してますな…

いいかげん洋画

原題にかすりもしない邦題

をつけるのは、

やめていただきたい。

女ウケのためか、

やたら”幸せ”とか入れたがるよね。

タイトル

作品の命ですぞ!!

五線譜のラブレター DE-LOVELY

五線譜のラブレター DE-LOVELY

 
The Very Best Of The Cole Porter Songbook [Import]

The Very Best Of The Cole Porter Songbook [Import]

 

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com