zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけつづるブログ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

『ミッドナイト・イン・パリ』~12時からは巨匠たちとの時間~【おまけつき】

「一緒にいたんだよ、
 ヘミングウェイフィッツジェラルド
 コール・ポーターと僕がさ」

『ミッドナイト
     ・イン・パリ』

"Midnight in Paris"

オーウェン・ウィルソン,キャシー・ベイツ,
トム・ヒドルストン,アリソン・ピル,コリー・ストール,
エイドリアン・ブロディ,カーラ・ブルーニ,
マリオン・コティヤール,レイチェル・マクアダムス

2011/ウディ・アレン

 

パリを訪れた

物書きの男

憧れの1920年

タイムスリップ

しちゃうお話。

www.youtube.com

映画脚本家ギル

婚約者イネズ

彼女の両親とともにパリへ。 

 

両親とウマが合わないギルにとって

ただでさえ

居心地のよくない旅行だったが、

そこへイネズの友人ポール

その妻に遭遇。

 

知識をひけらかす

いけ好かないポールたち

街歩きを共にするようになってからは、

ますますつまらない旅行に…

 

ある夜、ギル

食事後のダンスの誘いを断って

歩いてホテルに帰ろうとするが、

道に迷ってしまう。

途方に暮れていると、

ちょうど12時の鐘が聞こえてきた。

旧型のプジョーの前で停まり、

中にいた男女

「さあ乗って!」と声をかけてきた。 

恐る恐る誘いに乗るギル

着いた店では、

パーティーをやっていた。

でもみんなの格好も曲もレトロ。

 

「あなた迷子なの?」 

とまどう

童顔の女性がたずねてきた。

「何してる人?」

「僕?作家だよ」

「どんなの書いてるの?」

「今は小説を書いてるんだ」

「そうなの。私はゼルダ
 スコット!スコット!来てよ!
 彼、小説家なんですって」

向こうからハンサムな男性が現れる。

「僕はスコット・フィッツジェラルド
 君は?」

「ギル…君たち同じ名前なんだね…その…」

「誰とだい?」

スコット・フィッツジェラルドとその…」

「スコットとゼルダフィッツジェラルドさ」

ゼルダフィッツジェラルド

スコット・フィッツジェラルド

どちらも1920年代を代表する作家だ。

 

そういえば

ピアノを弾きながら歌っている男

なんだか見覚えがある。

「ここはどこなんだい?」

「おいおい、
 今日の主催者を知らないのかい?」

スコットがあきれながら教えてくれた。

 

なんと

ジャン・コクトー

パーティー

だったのでした! 

 

しかも

「こんな退屈なパーティー抜け出そうぜ!」

と、さっきのピアノ男

コール・ポーター*1

その妻リンダも誘って次の店へ。

そして最後の店でなんと

ヘミングウェイ*2

と遭遇!

 

文豪ヘミングウェイは 

作品に意見をしてほしいと頼むギル

悪くてもこき下ろされる、

良くても嫉妬でこき下ろされる。

だから作家に意見を求めるな、

男なら堂々としていろ!

タフなアドバイスをしてくれます。

そして自分が尊敬する作家である

ガートルード・スタイン*3

明日紹介してやるよと言い出す。

店を後にし、大興奮のギル

 

ところが聞き忘れたことを確認しに

さっきの店に戻ると…

バーがない。

ヘミングウェイ

もいない。

あるのはコインランドリーだけ。

狐につままれたようなギル

 

そう、は 

1920年代のパリ

タイムスリップ

していたのでした。

 

そのうちにわかってきたのです。

向こうに行けるのは真夜中。

12時の鐘が鳴った時だけ。

 

ピカソダリマン・レイ

後世に名を遺す芸術家たちと過ごす

最高に刺激的な、

夢のような時間。

そしてそこでギル

チャーミングな女性

心を奪われてしまい…

 

■□■□■□■

 

冒頭、

ゆったりとしたジャズが流れるなか

朝からとっぷり日が暮れるまでの

パリの街並みが映し出される。

 

人々は

い、り、

んで、べて、

そしてをして、

今を愉しんでいる。

いいなぁ…巴里。

 

最初はギルの協調性のなさに

何度観るのを

やめようとしたかしれないが、 

開始17分あたりから

がぜん

おもしろく

なってくる!

 

古き良きパリ

思いをはせてみてください。

サントラがまたいいんだよね…

【今日の知ってる人】

★コリー・ストール

ヘミングウェイを演じた

コリーは、

『LAW & ORDER : LA』

刑事TJをやったり、


▼『LAW & ORDER : LA』回
zuzz.hatenablog.com

これまたウディ・アレン作品の

『カフェ ・ソサエティで 

イカれた兄貴ベンもやってました。
zuzz.hatenablog.comエイドリアン・ブロディ

ダリを演じたエイドリアンは、

『歌う大走査線』

ギャングをやってました!

口パク音楽が斬新で楽しかった映画zuzz.hatenablog.com

 

【おまけ #1】

パリ

どこを撮っても

になる街。

パリ

をしないでは

いられない街。

 

そんなパリの街

見物してみよう!

www.youtube.com

【おまけ #2】

パリ

美しいだけじゃなく

美味い街

 

そんなパリの伝統料理

さがしにゆこう!

 

★ガレット

メインの具(ハム・魚介類・キノコ)や

野菜・チーズなどを

片面焼きの生地で包んだもの。

▼屋台の動画もいっぱいあった!
www.youtube.com

★クロック・ムッシュ

焦げ目がつくまで焼いてある、

ハムとチーズのサンドイッチ。

香ばしいベシャメルソース

てっぺんにのってます。

www.youtube.com

あっ、

クレープだ!

チュロスもある!

▼どれにする~?
 私はね、チョコ&生クリーム!

www.youtube.com

こんなのもあるよ

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

▼買ったもの載せてます!

20190704215258

 

*1:コール・ポーター出演回

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

*2:アーネスト・ヘミングウェイ。代表作武器よさらば』『誰がために鐘は鳴る』『老人と海

*3:ガートルード・スタイン。小説家。芸術品にも造詣が深く、パリではサロンの主催者となって小説家画家の交流の場を作り、彼らの活動をおおいに助けた。ヘミングウェイの良き相談相手でもあったという。代表作『アリス・B・トクラス自伝』Q.E.D.『三人の女』