zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけつづるブログ。音楽・映画・ドラマ・本・レトロ・ハンドメイドなどなど…日曜日と祝日更新☆コメントはブクマより記事の方にくださるとありがたいです♪

『犬神家の一族』~呪われた一族に惹かれたのにそれどころじゃなくなった呪いの映画~

「すけきよ…!」

犬神家の一族

石坂浩二島田陽子あおい輝彦, 高峰三枝子,
草笛光子, 三条美紀, 三國連太郎

1976

 

市川崑監督作品。

初めて観たのが8年前。

これは原作読んでなかったから、

ハラハラしました。

錚々たる出演者たち。

横溝正史先生

宿屋の主人役でチラッと出てるから

ミステリファンにはたまりません!

 

しかし第三の殺人にはわろた!

なにがおかしいって、小夜子が…

恋人がいなくなったもんで、

心配になって屋根裏部屋を捜すサヨちん

「鼠じゃあるまいし、
 こんなところに隠れたりするわけないわね…」
     ↓
ふと見上げた天窓の外に物凄い形相の死体
     ↓
「ううぐぉあ!ああぁ…おあ…ぐぅ…っ」

(あお向けに倒れる)

あまりのおもしろさに、

巻き戻して観直すこと6回

3回目からは妹も呼んで、

二人がかりでツッコみつつ観ました。

妹いわく

「叫び声がオッサンくさい」

楳図かずおの絵の絶叫顔そっくり」

死体発見の瞬間に流れるBGMも

妙に笑えてしまって困った困った!

映画鑑賞中に巻き戻したりなんて

めったにしないんだけど、

とにかくもうおかしくておかしくて!

夜中のテンションだからかなのか

自分でもよくわからないんだけど

ひさしぶりにおなかが痛くなるくらい笑った。

すいません、市川監督

アホな観かたしちゃって。

今頃あの世で憤慨してるかもね。

でもさ…

死体より

第一発見者のリアクションの方が怖いって、

映像作品としてはある意味伝説では?

 

とりあえずこの映画は

佐兵衛が悪い!!

そしてこの映画のキーワードは

「すけきよ…!」です(笑)