zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

”失ったもの”と”得たもの”~とある男が一人前になるまで~

「人生は喜劇だよ。残酷な筋書きのね」

『カフェ
 ・ソサエティ
2017

"Café Society"

ジェシー・アイゼンバーグ, クリステン・スチュワート,
ブレイク・ライヴリー, スティーヴ・カレル

 

ハリウッド

そしてニューヨーク

きらびやかな時代

1930年代に生きる

青年ボビーと、

彼を取り巻く人々のおはなし。

ウディ・アレン監督作品。

こんなことを言っちゃなんだけど

私はウディの出ない

ウディ作品が好きです。

この映画では語り手にとどまっています。

 

予告映像を観るとこの映画があたかも

ボビー

二人のヴェロニカ

三角関係の話

であるかのように宣伝してるけど、

あくまで

ボビーという男の

半生を描いた物語

です。

 

初々しくほろ苦い

ハリウッドでの修業時代を経て、

地元ニューヨークへ戻ったボビー

兄のナイトクラブ

支配人を任された

めきめき頭角を現してゆく。

ハリウッドでの経験とコネを活かして

ナイトクラブ

トップモデル政界・財界の大物

そして裏社会の人間御用達の

夜ごと噂とゴシップが咲き乱れる

社交場へと華麗に変貌させます。

 

うだつのあがらない父親

過干渉な母親

責任感の強い

表の顔と裏の顔を持つ

右も左もわからないボビーに処世術を教えた

ハリウッドの敏腕エージェントである叔父

そしてヴェロニカヴェロニカ

ボビー

良くも悪くも

彼らに翻弄されてゆく。

 

こういう作品を観るとつくづく思う。

人生って、

ささいなことで

変わるんだな。

たった一冊の本

たった一本の映画

たった一曲の音楽

たった一人の誰かの存在

それだけで

人生トーン

テンポが変わっちゃう。

しかもそれって

タイミング

ちょっとでも違えば

出会えなかったかもしれないんだ。

考えたら不思議だな。

なんだか、おもしろいな。

▼そしてふと思い出してしまったこの曲(笑)

ラブ・ストーリーは突然に

ラブ・ストーリーは突然に

  • 小田 和正
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

【おまけ 1】

ボビーの兄貴ギャング

人を殺すのもゴミ出しのように

顔色ひとつ変えず

さらっとやってしまう怖い人。

しかし殺しの場面で

『ブロードウェイと銃弾』

のときと同じく、

軽快なジャズ

流れてるのには笑った。

こんなにのどかな殺しの場面って他にないと思う。

ブラックすぎるだろう…

▼『ブロードウェイと銃弾』もウディ作品です。

【おまけ 2】

ウディ・アレンはね、

クラリネットも吹くんだよ。

▼さえないおじさん(失礼)なのに…まったくいい音出しやがるぜ!

【今日の”知ってる人”】

☆その1

主人公ボビー

グランド・イリュージョン

J・ダニエル・アトラスこと

ジェシー・アイゼンバーグ

☆その2

イカれた兄貴ベン

『LAW & ORDER : LA』

TJこと

コリー・ストール


星(打ち切り)になった『LAW & ORDER : LA』さんについて…
zuzz.hatenablog.com

▼レトロ好きに捧げる2作品 

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

▼いろんな意味でのご縁についての2記事

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com