zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。今日も楽しくいきましょう。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

『マイ・ドッグ・スキップ』~あいつは小さな相棒~

マイ・ドッグ
   ・スキップ』

”My Dog Skip”

フランキー・ミューニース,ケヴィン・ベーコン,
ダイアン・レイン

 

少年ウィリー

誕生日にプレゼントされた

仔犬のスキップと過ごす

少年時代を描いた物語。

 

舞台は1940年代ミシシッピ

スキップっていう味方ができたことで、

ウィリーの中で変化が生まれるのね。

 

明るくなって。

外に出るようになって。

度胸もついて。

仲間ができて。

ガールフレンドもできて。

 

ペットって、

ただかわいがるためだけの

存在じゃないんだね。

うれしいときも悲しいときも

いつもそばにいてくれる。

世話をして、

生活を共にするうちに

固い絆で結ばれていく。

だからこそ失ったときの

哀しみが大きいんだな。

 

祖母や親がペットロスを

経験したこともあって

動物を飼わせてもらえなかったから、

相棒と駆け回るウィリー

うらやましくてうらやましくて。

気がついたら

一緒に笑って一緒に泣いてました。 

私にもあの頃

こんな相棒がいたらな〜! 

 

■□■□■□■ 

 

そうそう。

桁違いの出演作品の多さで

ベーコン数なるハリウッド界の基準(?)

を生み出す偉業を成し遂げた

ケヴィン・ベーコン氏も出ています。

傷痍軍人で厳しくも優しい、

そして奥さんの尻に

やや敷かれている父親を好演。

 

ケヴィン

最初は好きじゃなかったのに、

あまりに見かけるもんだから

今じゃその顔をみつけると

なぜかホッとするようになってしまったよ(笑)