zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけつづるブログ。音楽・映画・ドラマ・本・レトロ・ハンドメイドなどなど…日曜日と祝日更新☆コメントはブクマより記事の方にくださるとありがたいです♪

『バッドガイズ!!』~二人は不良デカ~【おまけつき】

「わかってないな、気どり屋さんよ。
 俺達は俺達のやり方でいくんだ」

『バッドガイズ!!』

"War on Everyone"

アレクサンダー・スカルスガルド, マイケル・ペーニャ,
テッサ・トンプソン, テオ・ジェームズ ,
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

2016/ジョン・マイケル・マクドナー

 

アメリ

ニューメキシコ州

デタラメ刑事二人組

破天荒な捜査を展開する

アクションコメディー

クールに見えて

すぐ鉄拳制裁(運転ド下手)

テリー

おしゃべりで物知り

ボブ

 

悪い奴から搾り取って何が悪い?

の精神で

袖の下もらって

いい家に住むわ、

無断欠勤するわ、

ヤクやるわの

やりたい放題。

しかしある強盗計画

首を突っ込んだことから

やっかいなことに…

 

監督イギリス

ジョン・マイケル・マクドナー 

とにかく

こんなカンジで

個性的な作風。

登場人物がいちいち印象深い

★乗ってるがいちいちカッコイイ

★ムダに景色がきれい

★ムダにインテリア着こなしがおしゃれ

★ムダに雑学が豊富

 

クスッとさせるシーン

ちりばめられてて

あきさせない作り。

悪者の居場所を吐かせるために

厩舎の小さいおじさんを痛めつけたら

カツラがズレちゃったシーンは笑った。

おじさん「俺のカツラに何してくれたんだ!返せよ!」
テリー「悪い、こんなつもりじゃなかったんだ」
ボブ「戻せ、戻せ」
おじさん「おまえがダメにしたんだぞ~!」
テリー&ボブ「大丈夫だ、大丈夫だよ!」

おじさんを泣かせちゃって

あわてる二人

小学生か!!

ジョン・マイケル・マクドナー 

気になる監督になりました。

 

それにしても

この二人上司には

なりたくないわ…

こっちの首が飛ぶもんな…

 

【おまけ 1】

この映画、

ガイ・リッチー*1作品みたいに

音楽イカしてる。

カントリーはほとんど聴かないけど、

マッチしてたからか抵抗なかった。

というか

目覚めちゃって

後述の

キャンベル氏アルバム

取り寄せ中(笑)

ヒマな時にでも

梅酒のように*2さらりと流してみてください。

 

Glen Campbell*3

"Rhinestone Cowboy"

▼この歌でダンスするのよね…(笑)

Rhinestone Cowboy

Rhinestone Cowboy

  • provided courtesy of iTunes

"Galveston"

キャンベル氏の歌では

これがいちばんお気に入り

ハワイアンカバー曲なんだって。

Galveston

Galveston

  • provided courtesy of iTunes

"Gentle On My Mind"

Gentle On My Mind

Gentle On My Mind

  • provided courtesy of iTunes

3曲すべて入ってるアルバムです

Lee Hazlewood*4

"Cold Hard Times"

Cold Hard Times

Cold Hard Times

  • リー・ヘイズルウッド
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Catherine Spaak*5

"Non è niente"

雰囲気あるメロディーに

イタリア語が心地いい。

Non E' Niente

Non E' Niente

  • Catherine Spaak
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

楽天にはアルバムがなかった…

Catherine Spaak

Catherine Spaak

  • Catherine Spaak
  • ポップ
  • ¥2500

Roberta Flack*6

"Angelitos Negros"

Angelitos Negros

Angelitos Negros

  • provided courtesy of iTunes

The Clash*7

"I Fought the Law"

バンド名は知らなくても

この曲

知ってるはず!!

I Fought the Law

I Fought the Law

  • provided courtesy of iTunes

[rakuten:book:13185908:detail]

【おまけ 2】

手がかりを追って

二人アイスランドへ。

そこで話題に出たのが

ブルー・ラグーン

知ってますか?

こんなところです。

tripnote.jp

すてきでしょ?

しかし、

しかしである!

この映画の中で

こんな衝撃的な会話があったので

非常に動揺しておるんであります。

ボブ「ブルーラグーンって温泉があるぞ。露天風呂だ」
テリー「ヨーロッパ人どもがあそこでヤリまくってんだ。
    温泉は精子だらけだぜ」

えぇ…

ちょっと…うそよね?

おいおい…

カンベンしてくれよ…

なんかもう、がっかり。

行こうと思っている方は

真偽のほどを確かめたほうがいいかも。

 

【今日の知ってる人!】

テリーの家に居候するジャッキー

デトロイト1-8-7』

新人刑事ワシントンの

奥さんをやってた

テッサ・トンプソン

▼このドラマホントに好きだった…

zuzz.hatenablog.com

地位も名誉もある大悪党マンガン

『ベッドラム』

ジェドをやってた

テオ・ジェームズ

▼これ怖くて途中で観るのやめちゃった…

オネェな手下ラッセ

X-MEN
 ファースト・ジェネレーションズ』で

バンシーをやってた

ケイレブ・
  ランドリー・ジョーンズ
だ!

▼この頃はまだ若いなあ…

www.youtube.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

 

 

*1:この人の作品テンポがいいから好き!

▼こんなのです
zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

*2:わかる人にだけわかるネタ…

*3:グレン・キャンベル。幾度もグラミー賞受賞経歴を持つカントリー界の大御所であり、司会者としてアメリカのお茶の間に知られた存在でもあり、8人の子ども父親でもある。

*4:リー・ヘイズルウッドシンガーソングライターとして活躍。フランク・シナトラ愛娘ナンシー・シナトラに作曲した"These Boots Are Made for Walkin'"が自身の最大のヒット作となる。

小悪魔ナンシー。ちなみに邦題”にくい貴方”。なんじゃそら!

These Boots Are Made for Walkin'

These Boots Are Made for Walkin'

  • provided courtesy of iTunes

[rakuten:americanpie:10292860:detail]

*5:カトリーヌ・スパーク芸能一家に育つが、一族政界で知られた名門祖母ベルギー初の女性上院議員マリ・ジャンソン伯父ベルギーの首相を三度務め、欧州連合の父として有名なポール=アンリ・スパーク

*6:ロバータ・フラック代表曲"Killing Me Softly With His Song"、実はオリジナル曲より売れたカバー曲である。そのあとはさまざまなアーティストによってこぞってカバーされ、今や誰もが知るスタンダード曲に。

▼ちなみに邦題”やさしく歌って”

Killing Me Softly With His Song

Killing Me Softly With His Song

  • provided courtesy of iTunes

*7:ザ・クラッシュロックの殿堂入りを果たしたイギリスパンク・ロックバンド。楽曲の持つ独自性が大衆に大いに受け、世界的な人気へとつながった。相次ぐメンバーの欠員、そして新メンバー加入で生じた違和感が世間に受け入れられず、人気は衰え解散。その後、殿堂入りを期に再結成の話が出ていた矢先にヴォーカルジョー・ストラマーが死去。フロントマンを亡くした伝説のバンドは永遠に封印されてしまった。