zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。今日も楽しくいきましょう。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

よい子のための社会見学《葬儀》~このたびは突然のことで…~

我々は篠突く雨をついて出発した。
生まれて初めて私が出す葬式だ。
上手くいくことを祈るのみである。

『お葬式』

1984/伊丹十三

山崎努,宮本信子,財津一郎,菅井きん,江戸家猫八,
大滝秀治,尾藤イサオ,奥村公延

 

葬儀という

一大行事を

クローズアップした

コメディータッチ

映画です。

予告編のナビゲーター
 二代目三遊亭小遊三シャーリー富岡
*1
www.dailymotion.com

▼前に紹介した伊丹監督作品
zuzz.hatenablog.com

義父の訃報を聞き、

俳優侘助

女優である妻千鶴子家族

そして

マネージャー里見と共に

義母のいる

伊豆の家へと駆けつける。

 

初めての葬儀

わからないこと

だらけ。

 

里見「棺桶、注文しといたからね。
   13万だって」

侘助「13万ねぇ…
   高いんだか安いんだか見当がつかないなぁ。

   今夜 お通夜ってことになると、
   何か食べ物がいるなぁ。

   お寿司か何か
   注文しといた方がいいんじゃないのか」

千鶴子「お寿司、何人前?」
侘助「さぁ…20人前かな」
千鶴子「20人前?多すぎない?」
侘助「だって、お通夜になって
   途中で食べ物がなくなったら惨めだろうぜ」
千鶴子「そりゃそうだけど」

 

葬儀会社の人に聞いたり、

『冠婚葬祭入門』なんてビデオを観て

送り出す側の心得を学ぶ侘助夫婦

こんなカンジで

一同は手探りで準備を進めていくのだ。

 

諸手続きと葬儀の手配をして、

親戚・知人に知らせる。

これくらいは

私でもわかるんだけど、

葬儀地域宗派によって

段取りがちがうのがおもしろい。*2

”第一日”

”第二日”

とチャプター分けされているので

観る側にとってはたいへん勉強になる。

 

G線上のアリア*3をBGMに

親族・関係者の動きを追った

ホームビデオ映像が挟み込まれるのも

ほほえましい。

 

お経の長さに足がしびれる、

親戚の子どもが騒いでうるさい、

などの葬式あるある

随所にちりばめられてます(笑)

 

■□■□■□■

 

そういえば、

あれも葬儀のお約束だよね。

訪ねてきた人たち

急に神妙な顔つきになって

「このたびは突然のことで…」

って”決まり文句”を口にするの。

 

言った方言われた方

そのあとはうって変わって

笑顔で話しだすのが

小さい頃から

不思議でしょうがなかったっけ。

 

とにかく観といて損はない。

楽しく学べる

お葬式

映画です!

▼映画制作の裏側をうかがえる一冊!

「お葬式」日記

「お葬式」日記

  • 作者:十三, 伊丹
  • 発売日: 1985/02/25
  • メディア: ハードカバー
 

【今日の知ってる人】

★三代目江戸家猫八

葬儀屋の海老原さん

二代目中村吉右衛門版の

鬼平犯科帳

鬼平密偵のおじいさん

相模の彦十をやってました。

笠智衆

小津映画のお父さんと言ったらこの人。

実家がお寺だからか

お坊さん姿がしっくりくる(笑)

2:56に登場。
  それにつけても1:14佐田啓二
*4のカッコよさよ…

www.youtube.com

佐野浅夫

ある時は童話作家

ある時は実業家

しかしその実体は…

恐れ多くも

前の副将軍

水戸光圀*5

であらせられるぞ!

▼皆の者 頭が高い、頭が高いぞ!
www.youtube.com

★加藤義博・中村まり

このお二人

12人の優しい日本人

調子のいい陪審員12号

メモ魔の陪審員5号

それぞれ演じてました。

▼『12人の優しい日本人』回
zuzz.hatenablog.com

井上陽水

意外なところで

意外な役で出てきます。

”風あざみ”って響きが好き。
 こんな造語をわざわざ使うとこが
 陽水のワケわからなさを現してるよね。

少年時代

少年時代

  • provided courtesy of iTunes
GOLDEN BEST

GOLDEN BEST

  • アーティスト:井上陽水
  • 発売日: 1999/07/28
  • メディア: CD
 

こんなのもあります 

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

▼買ったもの載せてます!

20190704215258

 

*1:マイケル富岡お姉さんです。

*2:しかし私はセレモニー嫌い儀式そのものでなく出席することが苦痛なだけなんだけどさ。

▼ここでもお話しましたね
zuzz.hatenablog.com

*3:ご存じ音楽の父こと、音楽室に飾ってある白いカツラの太ましいおじさんこと、バッハ(ヨハン・ゼバスティアン・バッハ)の楽曲。またの名を管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068 第2曲”

Air auf der G-Saite”

カラヤン・べスト100

カラヤン・べスト100

  • 発売日: 2014/02/19
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

ちなみに私はバッハシンプルでおカタいピアノ曲が好きです。叙情的ショパンきらびやかドビュッシーもいいけど、あの端正な音の粒のつながりが、聴いててなーんか気持ちいいのだ。

BWV 870 WTC 2.1
    Prelude In C”

ヴァレリー・アファナシエフ
 平均律クラヴィーア曲集
 父から借りてハマった一枚です。

*4:ミキプルーンこと中井貴一お父さん小津映画では常連。

*5:三代目の黄門様である!