zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

枕草子とかいうピリ辛エッセイ~切れ味抜群の清少納言先生~【おまけつき】

林望

リンボウ先生のうふふ枕草子

を読んだとき、

リンボウ先生のうふふ枕草子

リンボウ先生のうふふ枕草子

 

私は

ミスター味っ子

味皇*1さながらに

衝撃を受けた。

 

枕草子って、

こんなに

おもしろかったのか!

と。

 

誰もが国語で習った、

あの退屈極まる

”春はあけぼの”のくだり。

よりによってあんなところを

ピックアップするから、

ティーンのハート

掴めなかったんですよ!

清少納言の真髄は

”春はあけぼの”にあらず!

「いまどきの親は
 子供の躾がなっとらん!」

だの、

「手紙を出してから
 間違いに気づいてトホホ…」

だの、

平安時代から

遥かなる時を超えた

平成の世でも

共感できる

みずみずしさなのだ!

 

特に色恋話をさせたら

天下一品

当時は

と一夜を共にしたら、

夜明け前に自宅へ帰るのが通例

だったようですが、

清少納言先生

 「いくらビシッと身なりを正して帰ったとしても、

  慌てた様子でガサゴソそこらじゅうを

  引っ掻き回すなんて興ざめ!

  ヨレヨレな格好でもいいから、

  ギリギリまで”別れ難いよ”と言いながら

  去っていってほしいものである(要約)」

と、こう書いているわけ。

 

いや、驚いた。

女の感性もまた、

昔っから変わらないんだなぁ。

女はムードをぶち壊しにされるのを嫌うからね…

昔の人と気持ちが

リンクしてるって、

なんか不思議、

なんかうれしい。

今度、一冊まるまる読んでみようかな〜。

 

橋本治桃尻語訳(80年代のギャル語)で読んでみたい方はこちら

▼マンガ派はこちら

▼正統派はこちら

 

*1:「う、うまいぞおぉぉぉぉぉ!!!」リアクションでおなじみの食の世界のお偉いさん。本名は村田源二郎。厳しい人物で通っているが、かなり陽一に入れあげている。

▼何かの間違いかと思った。高すぎ!

[rakuten:book:18679024:detail]