zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・おしゃれ・本・レトロなもの・昭和・大正・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・手作りアクセサリー・消しゴムはんこなどなど…興味のあるものだけをザックザックと掘り下げようと思います!

よい子のための社会見学【FBI】~蛇の道は蛇~

あのスティーヴン・キング*1先生も大絶賛!!

『マインドハンター』

"MINDHUNTER"

ジョナサン・グロフ, ホルト・マッキャラニー

これはNetflixオリジナルドラマです


Netflixオリジナルシリーズ『マインドハンター』予告編 

70年代後半のアメリカが舞台。

FBIの若き教官

ベテラン教官と共に

各地を回って犯罪心理学の講義をしつつ

凶悪殺人鬼の心の闇に挑むお話。

元FBI捜査官ジョン・ダグラスの原作を元に作られたドラマです。

マインドハンター──FBI連続殺人プロファイリング班 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

マインドハンター──FBI連続殺人プロファイリング班 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

監督『セブン』『ゾディアック』ドラゴン・タトゥーの女

を手がけたデヴィッド・フィンチャー

 

大物達の秘密という秘密を握り

大統領も手が出せなかったという

アメリカの黒幕FBIフーバー長官の死後5年。

時代は大きく変わり、

人間も変わり、

犯罪も変わった。

動機の見つからない、

理由なき殺人

目立ち始めてきていたのだ。*2

 

70年代はプロファイリング捜査黎明期だったんだな。

プロファイリング統計学

データ数が少ないと成立しない。

泣く子も黙るFBIも当時は手探りだったのね。

この頃の人達の地道なデータ集めが

現代の犯罪捜査に

一役買っているわけだ。

まさに継続は力なりですなぁ…

 

1話目から文字通り頭が吹っ飛ぶので

グロいのが苦手な方には

ちと衝撃的かも!

私もホントグロ系ダメなんだけどね…(しばらく呆然とした)

あ、2話目からエド・ケンパー*3が出てきます。

 

それともうひとつ。

毎回BGM70年代の曲が使われてます。

チョイスが渋くていいのよ、これがまた。

音楽にもぜひ耳を傾けてみてほしいです。

 

【おまけ】

本屋のバイト時代に立ち読み(仕事しろ)して衝撃を受けた手記。

犯罪心理に興味のある人は読んでみるといいかも。 

FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (ハヤカワ文庫NF)

FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (ハヤカワ文庫NF)

 

▼異常殺人者をテーマにしたドキュメンタリー"MOST EVIL"について

zuzz.hatenablog.com

スティーヴン・キング先生の映画がチラッと出てきます

zuzz.hatenablog.com

*1:スタンド・バイ・ミー』『ミザリー』『キャリー』『グリーンマイル』『シャイニング』などでおなじみのモダンホラー小説家。

*2:実際は大昔から存在していたが、その多くは変人として扱われただけにすぎなかった。

*3:エドモンド・ケンパー。シリアルキラー。罪状については調べてみてください…