zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

ミス・キングの憂鬱~たった一人でも、たった一言でも~

「失敗を恐れないで。突き進む勇気を持つの。
       得るものはあっても失うものはない」

『アボンリーの
         クリスマス』1998年

"An Avonlea Christmas"*1

ジャッキー・バローズ, マグ・ラフマン, セドリック・スミス, ラリー・ケイドー 

 

前に紹介した

赤毛のアンと同じ

アボンリーが舞台、

アボンリーへの道

特別編です。

おさらいしてみよう!
www.youtube.com

zuzz.hatenablog.com

第一次世界大戦まっただ中。

カナダ プリンスエドワード島

美しい小さな町アボンリーでも、

みんなどこか暗い顔。

この特別編では、

不安に押しつぶされそうになりながらも

それぞれが迎える

クリスマスを描いています。

今回の

お話の中心

セーラではなく、

ヘティ

そう、あの

「フン!」が口癖の

意地っぱり誇り高い

ヘティおばさんです(笑)

あ、もちろん

アレックおじさん

ジャネットおばさん

フェリシティ

オリヴィア

リンドのおばさん

いつもの面々も出てくるよ!

 

ヘティおばさんは

今回も相変わらず。

クリスマスイベントの準備に

あれやこれやとやかまし

みんなに檄を飛ばして

おおはりきり!

ところが思いがけないハプニングで

彼女入院することに…

 

ヘティ

キング家長女であり

教師でもある。

それを誇りに生きてきた。

でも

それぞれ家庭を持ち、

気がつけばひとりぼっち

生徒たちも時が来れば去ってゆく。

情けなく病院のベッドで横たわる

無力さを憂い、

自分は忘れ去られる存在なのだと

彼女は落ち込みます。

 

いつになく弱気なヘティでしたが、

かつての教え子たちと再会。

立派に成長した二人

どちらも親身になってくれ、

”いかなる時も胸を張っていること”

先生に教えられたと述懐します。

 

誰か

自分の言葉

覚えてくれてて

それを支え

してくれているって、

こんなに

うれしいことはないね。

心が弱ったときや

ふとした瞬間に思い出して、

お守りのように抱きしめている言葉

私もね、あるよ。

 

ふと、

オズの魔法使い

のことを思い出した。

あの話の中で、

ブリキのきこりを、

かかし知恵を、

ライオン勇気

授けてもらうために

ドロシーと旅に出る。

けれど最後には

知恵勇気も、

それぞれの中に

初めから

在ったことがわかる。

みんな自分に自信が持てなかっただけ。

大切な仲間との出会いで

旅を通して成長していたのよね。


ひとりぼっちでは

気づけないことがある。

それは

誰かと向き合うたびに、

その人を通して

新たな"自分"

見えてくるということ。


”何も持ってない人”なんていない。

ひとりぼっちでは気づけないだけで、

”何か”がきっとある。

その”何か”

特別な誰かにみつけてもらうのを、

今もじっと待っているのかもしれない。

 

自分無力だ、

ひとりぼっちだ、

と思ったら

これを観てほしい。

そんなことないよって

気づかせてくれる作品です。

TVシリーズ

▼原作本

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

 

*1:別名"Happy Christmas, Miss King"