zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけつづるブログ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

『アボンリーへの道』~いつの日か行ってみたいあの場所~【おまけつき】

「ママがプリンスエドワード島のこと
 大好きだった理由がわかるわ、ルイザ。
 そう思わない?」

『アボンリー
    への道』

"Road to Avonlea"

サラ・ポーリー,ジャッキー・バロウズ,
マグ・ラフマン,セドリック・スミス,
ジーマ・ザンプローニャ,ザッカリー・ベネット,
R.H.トムソン,マイケル・マホネン,
コリーン・デューハースト,パトリシア・ハミルトン

1990/ケヴィン・サリヴァン

 

20世紀初めカナダ

プリンスエドワード島

暮らす人々

描いたお話です。

www.youtube.com

プリンスエドワード島にある

小さな村アボンリー

アボンリーといえば

赤毛のアンの舞台。

 

『アボンリーの道』

素晴らしいのは、

なんといっても

1985年

ミーガン・フォローズ

アンの世界

リンクしていること!

www.youtube.com

▼おさらい
zuzz.hatenablog.com

モントリオール

何不自由なく暮らしていた

お嬢さまセーラ

しかし

の事業が傾いたために、

亡きの故郷

プリンスエドワード島

アボンリーへ預けられます

 

厳しい伯母ヘティ

おちゃめな叔母オリヴィア

優しい伯父アレック

トラブルメイカいとこたち

そして

個性豊かアボンリーの人々

 

セーラは島の暮らしで

かけがえのない経験を

たくさんして成長してゆきます。

 

●○●○●

 

もうあの

牧歌的なオープニングだけで

穏やかな気持ちになれる。

 

*1

字幕版だったけど、

ドラマは吹替版しか観たことないので

今回は字幕版で観てみました。

訳のニュアンスもちがって新鮮。

 

全シーズンを一度観た方は

吹替版なら字幕版、 

字幕版なら吹替版

観てみることをおすすめします。

 

●○●○●

 

しかしこうして観返すと

あれですね…

ヘティ

誇り高すぎる!

 

”キング家の長女”

”教師”*2

という自負が強いあまり、

言い出したら聞かないキャラに。

意地っ張りだし、ミーハーだし、

嫉妬深いし、皮肉屋だし。

でも

ある意味いちばん

人間らしいのかもな。

なんだかんだ

憎めない人なんだよね、

ヘティおばさんって。

 

セーラ

いつもまっすぐで

太陽みたい。

 

誰が相手でも物怖じせずに

自分の意見を言える。

正義感が強くて、

困ってる人を見たら

もうほうっておけない。

 

損得抜きで

”誰かのために何かしたい!”って

動くことのできる子なんです。

おせっかいが過ぎて

トラブルになることもあるけどね!

 

アボンリーへの道は、

お話が進むにつれて

セーラがしだいに遠ざかってゆき*3

彼女の従姉フェリシティをはじめとする

キング家がドラマの中心になります。

 

読み書きのできなかった

孤独な流れ者ガス・パイクが、

ヘティの教えで

教養を身につけてゆくところも

このドラマのみどころのひとつ。 

 

あり、笑いあり、ロマンスあり。

たまに謎解きのようなお話や

スリリングなお話もあって

あきさせない作りです。

 

ちなみに私は

頼りになるアレックおじさん

優しいオリヴィア*4が好き。

 

きらきらして、

みずみずしい、

ささやかだけれど

やさしいお話

いっぱい詰まった

宝石箱みたいな

ドラマです。 

 

全92話だから、

ゆっくりたっぷり楽しめます。

 

こんな世の中だからこそ、

観てほしい。

時代が違っても

変わらないものがあるってことを

教えてくれる作品です。

 

【おまけ 1】

アボンリーへの道

シーズン7まで

放送された

超ロングランドラマ

それほど国民に

愛された作品だったのよね。

 

そして

赤毛のアン*5

原作本は

11冊からなる

シリーズです。

少女が育って終わり、じゃない。

成長し、恋をし、

結婚し、子を産み育て、

またその子が育ってゆき…

というところまで描かれます。

 

つまり

赤毛のアン

もう

大河ドラマ

言っていいわけです。*6

 

アボンリーへの道

赤毛のアンから

拝借したエピソードが

ちりばめられているので、

ファンならぜったい楽しめます!

 

アンアボンリーから

離れているという設定なので

ドラマに登場こそしてないけれど、

マリラリンドおばさん

同じ女優が演じている*7ので

ファンにはうれしいはず!

二人レギュラーなので

毎回は登場しないけど、

第3話・第4には

たて続けて出てくるから

ぜひ観ていただきたい。

ズケズケ言うリンドおばさん

ドライなマリラがホントいいコンビ(笑)

第4だけでも観てほしい。

グリーンゲイブルズもそのままだし、

赤毛のアンのテーマ曲も流れて

きっとなつかしくなるはずだから。

 

さらにシーズン3

最終話では

ギルバート

ゲスト出演します!

もちろん演じるのは映画版と同じ

ジョナサン・クロンビー

残念ながらは2015年に亡くなってます。

ファンの方はぜひ観てみてください。

全巻セット

1巻のみ

アボンリーへの道』の原作

【おまけ 2】

アボンリーへの道は、

パイやクッキーやケーキ、

いろんな食べ物が

けっこう出てくるんだけど、

これが気になった。

★シェパード・パイ

「チーズがたっぷりだ!」

フェリックスが感動していた、

ひき肉とマッシュポテトと

野菜とチーズを層にして

オーブンで焼き上げた料理。

▼カナダだけじゃなくて欧米でよくあるメニューらしい。
www.youtube.com

【今日の知ってる人】

クリストファー・ロイド

バック・トゥ・ザ・フューチャー

ドク

『アダムスファミリー』

フェスター兄さん

おなじみのロイドさん

シーズン3第6話

教師のフリして採用されちゃった

舞台俳優ディンプル役で

ゲスト出演してるんだけど、

このキャラクターの

スピンオフを作ってほしいくらい

おもしろかった!

www.youtube.com

こちらもどうぞ

▼チョイ役でフェリックス役の俳優が出演!

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

▼買ったもの載せてます!

20190704215258

*1:『アボンリーのクリスマス』。いいお話だからぜひ。 

zuzz.hatenablog.com

*2:すぐ結果だけを見て判断しちゃうヘティ罰するべき人に罰を与えず、こともあろうに被害者おしおきしちゃうなんてこともしばしば。教師たるもの、きちんと目配りできてないとダメだろう!

*3:反戦活動をしていた本人の意向で降板。

*4:気弱なジャスパーとの恋模様もほほえましかった。

*5:

サントラ

▼この曲も収録されてます

グリーン・ゲーブルスへの旅立ち

グリーン・ゲーブルスへの旅立ち

  • provided courtesy of iTunes

原作本

▼1巻のみ

▼全巻セット

*6:原作を読んだ人ならわかると思うけど、アン”縁結びの神様”でもあるよね★

*7:アンの恩師ミュリエル・ステイシー先生も出てきます。あと赤毛のアンローソン雑貨店のアリスを演じたマグ・ラフマンセーラの叔母オリヴィアに、ダイアナの父親を演じたロバート・コリンズセーラの父親ブレアに、ドラマではそれぞれ変更されてます。
ちなみにキング家の次男ロジャー(ヘティの弟、アンドリュー父親)の吹替をしたのは下條アトムでした。