zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけつづるブログ。音楽・映画・ドラマ・本・レトロ・ハンドメイドなどなど…日曜日と祝日更新☆コメントはブクマより記事の方にくださるとありがたいです♪

『情婦』または『検察側の証人』〜ウィル爺のおもしろ法廷劇~

『情婦』

”Witness for
 the Prosecution”

タイロン・パワー, チャールズ・ロートン,
マレーネ・ディートリッヒ

1957/ビリー・ワイルダー

 

心臓病持ちの

でっぷり肥えた

おじいちゃん弁護士

ウィルフリッド 

 ・ロバーツ卿が、

ドクターストップも

振り切って

法廷で戦っちゃうぞ!

ってなお話。

www.youtube.com

[rakuten:book:16808693:detail]

原作はアガサ・クリスティー

検察側の証人です。

しかしまぁ、ひどい邦題!


マシンガントーク看護師のオバハン*1

「これじゃあ昏睡してた方がマシ」と皮肉ったり、

止められてる葉巻

人から巧みにいただいちゃったり、

これまた止められてるお酒

ココアとすり替えたりと

やりたい放題のウィル爺

 

階段に取り付けられたリフトで

昇り降りしてはしゃいだり、

法廷で薬並べて遊んだりと

おちゃめなところもかわゆい。

脇を固めるキャラクターも

おしゃべり看護師

気の利く執事

耳の遠い家政婦

といずれ劣らぬ

くせ者ぞろいです。

いや〜楽しかった~!

テンポがよくて、

あっという間に感じられました。

 

それにしても

マレーネ・ディートリッヒの顔って…

夜中に見たらチビりそう(笑)

 

■□■□■□■

 

【この映画の内訳】

どこまでもやんちゃなウィル爺…40%

家政婦へのツッコミが冴え渡る判事…30%

センスのいいセリフ回し…20%

気になる青酸カリ入り歯磨き粉事件…10%

*1:演じるのはチャールズ・ロートンの奥さんエルザ・ランチェスター