zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけつづるブログ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

『彼氏彼女の事情』~猫かぶりカップルと愉快な仲間たち~【おまけつき】

「お姉ちゃんのことだもん。
 なんかきっと自分で墓穴掘って、
 自分で墓穴落ちて、
 自分で墓穴の中のたうってるんでしょ」

彼氏彼女の事情

榎本温子, 鈴木千尋, 野田順子, 私市淳, 新谷真弓

1998/庵野秀明

 

それぞれの事情を持つ

完璧!

優等生カップ

彼らを取り巻く

仲間たちのお話。

顔良し、頭良し、運動神経良し、性格良し。

小さな頃から

いい子で通ってきた

宮沢雪野の正体は

ただ賞賛を

浴びたいだけの

自称”見栄王”

この調子で高校生活も私が主役!

と意気込むも

自分より優秀で家柄もいい

スーパー優等生

有馬総一郎

あっさりとナンバー1

株を奪われてしまう。

打倒有馬に燃える雪野

からの告白にNOと返事し、

ついに負かしてやったと有頂天。

 

しかしある日、

有馬

完全に素の姿

見られてしまい…

ってな流れです(笑)

 

原作津田雅美マンガ

アニメ版をみつけたから

なんとなく観てみたら

これがおもしろかった!

放映は1998年とかなり古い。

新世紀エヴァンゲリオンでおなじみ

庵野秀明*1監督作品だったのね!

エヴァは興味ないジャンルだから観てないけど

奥さんのマンガ家

安野モヨコが好きなので、

コミックエッセイでの

監督奇行ぶりには

めちゃくちゃ笑わせてもらったっけ。

 

それは置いといて!

アニメ版カレカノ

とにかく

情報量が多い!!

 

内面描写である

語りの多さもさることながら

活字もばんばん出てくるし、

タッチもコロコロ変わるし、

原作のコマ割も出てくるし、

なんだかすんごく観ごたえがある。

ボリュームたっぷりの定食

みたいなカンジ。

おなかいっぱいになります。

今はこんな手法

当たり前なんだろうけど、

1998年当時は珍しかったのでは?

 

アニメってやたら

ハイテンションだったり

逆にものすごい低いトーンだったりと

両極端なのが多いから

ふだんはほとんど観ないんだけど、

これはコメディー要素

多分に含んでいるので

明るすぎず暗すぎず、

疲れずに楽しめたのがよかった。

 

宮沢家

にぎやかでいいんです。

雪野の妹たち、月野・花野コンビは

良き遊び相手であり良き相談相手だし、

雪野ママあっさり系だし、

”でっかい弟”と思われてる雪野パパ

交際による成績不振での学校の呼び出し*2に、

自分も行きたい!

愛のために戦う!と大興奮。

「先生と戦うか…
 武者震いが出るのう…わはははは!」

なんてはしゃぐ始末。

(でもこの後の学校でのシーンには泣かされた…!)

癒し担当、犬のペロペロもかわいい♪

 

毎回こんなカンジで、

もはや宮沢家そのもの

コミックリリーフの役割

担っています(笑)

 

雪野有馬とつき合って

本性を出すようになってから、

女子達のやっかみに合って

クラスで無視されるように

なっちゃうんだけど

もちろんこんな愉快な家庭の子だから

泣いて落ち込むようなヤワじゃない!

持ち前のファイティングスピリット

暗雲を吹っ飛ばして

ついでに念願の友達

ゲットしちゃいます!

さっすがゆきのん

 

頭が良くても

性格が良くても

ルックスが良くても

恋愛人間関係

うまくいくわけじゃない。

 

それぞれがそれぞれの事情で

悶々とする姿に青春を感じます。

みんな、

悩みながら

大人に

なってゆくんだな。

 

しかし10代が主人公の作品を観ると

いつも思うね…

失われた青春時代のことを。

 

もっと

楽しんでおけば

よかった~!!!!!*3

www.youtube.com

【おまけ 其ノ壱】 

作中にUNOが出てきて

むしょうに

やりたくなりました。

WILD!

SKIP!

REVERSE!

昔よくやったな~!

もうルール忘れたけど(笑)

▼探したら昔のデザインじゃなくて悲しかった…

【おまけ 其ノ弐】

前述の安野モヨコ

コミックエッセイ

原作もサイコーだけど

アニメ

おもしろかったので

ご紹介。

 

「ごはんも食わんと
   菓子ばかり食っていったい何歳なの!!」
「10歳」

『監督不行届』

林原めぐみ, 山寺宏一

 

ロンパース

カントクくん

ヲタ夫婦ぶりを描いた

フィクションです☆

公式より。1エピソードおよそ3分という潔さ!

安野モヨコ先生

庵野秀明監督との

おもしろおかしい日々

脚色して描いた作品。

www.youtube.com

こちらもどうぞ

zuzz.hatenablog.com

 

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

▼買ったもの載せてます!

20190704215258

 

 

*1:山口県が生んだ奇才。アニメのみならず映像業界の風雲児として国内外にその名を轟かせる一方、かなりの偏食風呂嫌い昔のアニメ・特撮オタク突如アニソン大熱唱など愉快な一面も持つ。

*2:7話目

*3:ただ大人の事情なのかなんなのかこの作品、中盤からやたら長いあらすじ総集編をぶっこみだして明らかに手抜き構成になってきます。ラストなんかえっ…!?てカンジのあまりにもあっけない終わり方で海外ドラマでよくある”打ち切り”のよう。おもしろいだけに残念…