zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけつづるブログ。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

『八月の鯨』~歳を重ねていくということ~【おまけつき】

「小さい頃、
 公園に白鳥がいたのを覚えてる?」
「覚えてるわ」
「ママの髪みたいな色してたわね。
 今の私の髪もママくらい白いかしら?」
「ええ。そうだと思うわ」

『八月の

"The Whales of August"

リリアン・ギッシュ,ベティ・デイヴィス

1987/リンゼイ・アンダーソン

 

海沿いの家で暮らす

老姉妹のお話です。

www.youtube.com

目の不自由なリビー

彼女を世話するサラ

 

へそ曲がりで気難しいリビー

いつもネガティヴなことしか言わない。

このごろは特に

死について口にするようになり、

サラは心配している。

 

50年来のつきあいのティシャ

サラの世話のつらさや懐事情を心配し、

金持ちのがいるのだから、

リビーを預けるのが筋だと助言する。

しかし二人不仲を知るサラ

そんなことはできない、と

首を振るのだった…

 

⚘⚘⚘⚘⚘⚘

 

前回はおじいちゃん

お話だったけれど…

今回はおばあちゃんたち

前回のおさらい

zuzz.hatenablog.com

尽きることのない

潮騒と風。

 

さびしい島での

暮らしを彩るのは、

近所の人々

親切な気遣い

うれしい誉め言葉

そして

たくさんの花に、

お茶と冗談とゴシップ。

 

長く生きる

ということは、

その分だけ

思い出や経験が

増えていくということ

 

しわしわの手で

長い長い髪を結ったり、

お茶の用意をしたりの

手際の良さが、

もう何十年とその動作を

繰り返してきたことを思わせて

グッときた。

 

それでね、

不愛想リビーも、

おちゃめサラも、

ともに最愛の人

亡くしているんです。

サラの宝箱の中には

リボンで束ねたからの手紙。

リビーの宝箱の中には

の遺髪。

 

それに触れている間は

二人とも

生きた証を感じていられる。

この場面がせつないんだよね…

 

昔も今も大切にすることができるなら、

老いてゆくことも

こわくないかもしれないなって思った。

 

”娘時代に見た鯨がまた見たい”

そんな

おばあちゃん

ささやかな願い

いとおしい映画です。

【今日の知ってる人】

ベティ・デイヴィス

気難しやのリビーを演じたのは、

名作イヴの総て

主人公マーゴだった

大御所女優です!

www.youtube.com

ポワロ作品にも出てるよ!

zuzz.hatenablog.com

こちらもどうぞ

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

▼買ったもの載せてます!

20190704215258