zuzzのみちくさブログ

好きなものを、好きなだけ。今日も楽しくいきましょう。音楽・映画・海外ドラマ・本・レトロ・大正・昭和・'20s・'30s・'40s・'50s・'60s・'70s・'80s・'90s・ハンドメイド・消しゴムはんこなどなど…日曜日と祝日更新☆

あの頃、セントルイスで…~スミス家の人々~【おまけつき】

「それに初めての出会いが
 芝生越しなんてありきたりよ。
 ただ自己紹介をするだけなんてイヤだわ。

 私はね、何か特別で、素敵な、
 一生忘れられないものにしたいの」

若草の頃1944

"Meet Me in St. Louis"

ジュディ・ガーランド,マーガレット・オブライエン,
メアリー・アスター,ルシール・ブレマー

 

20世紀初頭のアメリ

セントルイスに住む

とある一家のお話。

ミュージカル映画です!
www.youtube.com

翌年に万博を控えた

1903年の夏。

名誉ある開催地に決定し、

セントルイスの街は活気づいている。

スミス家の娘たちもまた、

万博の歌*1を歌って浮かれておりました。

 

スミス家

いつもにぎやか。

ワーカホリック
アロンゾ

テキパキした
アンナ

快活な
長兄ロン*2

面倒見のいい
長女ローズ

情熱的な
次女エスター

いたずらっ子の
三女アグネス

意外と肝っ玉が据わってる*3
四女トゥーティー

おちゃめで粋な
おじいちゃん

そして

はっきりした性格の
家政婦ケイティ

 

エスター

となりに越してきたばかりの

ジョンに夢中。

言葉を交わしたことさえないのに、だ。 

出会いは特別なものにしたいと

のパーティーにかこつけて招待するが

途中までいい雰囲気になるのに、

ジョン空気を読めない性分なのか

空回りしてしまう。

ローズローズで、

いい相手にめぐり会えず

なかなか思うようにいかない。

ロンは新しい生活に心躍らせつつも

気になる存在がいる様子。

しかしチビッ子たち

まだまだ遊びに夢中なのでした…

 

原作はサリー・ベンソンの小説らしい。*4

彼女の実体験が基になった作品なので

当時の空気感が味わえる映画になっています。

 

こういう

古き良き時代を描いた映画、

ホントにすきだな。

心が朗らかになる。

 

ほっこりしたい人

送りたい映画です。

 

【おまけ】 

勝気な眉、

強い瞳

金子国義の描く少女*5

みたいな

ジュディ・ガーランド

 

恵まれた容姿と才能を持っていたけど、

私生活は破綻していたジュディ*6

幼い頃からショービズ界で生きてきて

ハリウッドに翻弄され続けてきた。

精神的な重圧薬物に蝕まれながら

何度かカムバックを果たすも

彼女はそのたびに打ちのめされ、

とうとう47歳で

その波乱の生涯を終えてしまった。 

はたして彼女

被害者だったのか、

堕落者だったのか。

それについては調べるといつも

正反対の見解が出てくる。

真相は知る由もないが、

あの

伸びのある声だけは、

本物だった。

 

"Have Yourself
    a Merry Little
            Christmas" 
 

クリスマス定番曲

実はこの

若草の頃

ジュディが歌ったのが原曲なのだ。

"Over The Rainbow"

代表作オズの魔法使

名曲中の名曲

邦題は”虹の彼方に”

Over the Rainbow

Over the Rainbow

  • provided courtesy of iTunes

▼2曲とも収録されてます!

 

若草の頃

きっかけとなって、

ジュディ監督である

ヴィンセント・ミネリと結婚する。

そして生まれたのが

ライザ・ミネリ

▼代表作『キャバレー』
www.youtube.com

私生活はともかく

健全な役が多かったとは対照的に

小悪魔的な役が多い。

強い歌声

とは対照的。

 

"Cabaret" 

Cabaret

Cabaret

  • provided courtesy of iTunes

"New York,
        New York"
*7

Theme from New York, New York

Theme from New York, New York

  • provided courtesy of iTunes

▼2曲とも収録されてます!

とにかく

演技

ダンス一級品

 

トニー賞

アカデミー賞

ゴールデングローブ賞

実力で勝ち取った、

親の七光りなどまったく必要ない

ショービズの申し子

生まれながらのスターなのです。

 

私生活は皮肉にも母親と同じ

スキャンダラスな道

辿ることになるんだけど…

▼若いな…ロバート・デ・ニーロ
www.youtube.com

ジュディは5度結婚しており、

ライザは二度目の結婚でできた子。

不安定な家庭環境ゆえに、

ライザ母親

複雑な感情を抱いていたことは

想像に難くない。

 

でも

こうやって二人で

歌えるっていいなぁ…

"Together
    (Wherever We Go)" 

▼このライヴの5年後にジュディは死去…

【今日の知ってる人】

アンナ役

メアリー・アスター

末っ子トゥーティー

マーガレット・
   オブライエン

その後の1949年の映画、

若草物語*8

それぞれベスとして

母娘役で共演することになります。

 

ちなみにジョー

グレン・ミラー物語*9

グレンの妻ヘレンを演じた

ジューン・アリスン

エイミーはなんと

恋多き大女優

エリザベス・テイラー(笑)

原作が大長編だからか
 駆け足感がすごい映画になってしまって残念

www.youtube.com

▼買ったもの載せてます!

20190704215258

ミュージカル作品5連発

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

こんなのもあるよ

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

 

 

*1:この歌です。
"Meet Me in
  St. Louis, Louis"

Meet Me in St. Louis, Louis

Meet Me in St. Louis, Louis

  • Wurlitzer 146 Carousel Organ
  • チルドレン・ミュージック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

この

昔の遊園地っぽい音、

自動オルガンなんです。

▼ウーリッツァー自動オルガン

www.youtube.com

▼一枚まるまるレトロな遊園地気分が味わえる!

Good Old U.S.A. Wurlitzer Carousel Music, Vol. 1

Good Old U.S.A. Wurlitzer Carousel Music, Vol. 1

  • Wurlitzer 146 Carousel Organ
  • チルドレン・ミュージック
  • ¥1528

*2:実はこのお兄ちゃんの名前もアロンゾ欧米でよくある”父の名前をもらうパターン”だから正式にはアロンゾJr.。だけど呼ぶとき困るから愛称のロンになっているのだ。

*3:そして人形のお葬式ごっこが大好き…

*4:探したけど日本語版はみつかりませんでした。ちぇーっ。

*5:こんな子です。

*6:生い立ちからすでに悲惨。両親の愛を感じることもなく、同世代の子どものようにのびのび遊ぶことも許されず、家族のために馬車馬のように働かされた。

*7:シナトラ版も好き。

Frank Sinatra

"New York,
        New York"

Theme From New York, New York

Theme From New York, New York

  • provided courtesy of iTunes

▼シナトラ登場回 

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

zuzz.hatenablog.com

*8:原題"LITTLE WOMEN"。この映画ではエイミー三女ベス末っ子に変更されています。

*9:▼『グレン・ミラー 物語』回zuzz.hatenablog.com